ちくわ。 おでかけ情報

手土産にもよさそう。吉祥寺で「むさしのプレミアム」なお菓子、試してみよう

good mornings

公開日 2019年12月15日

吉祥寺駅を擁する東京都武蔵野市には、自治体の観光団体が審査して市を代表する名品を「むさしのプレミアム」として認定する制度が2014年にスタートし、以後毎年続けられています。ここでは、その認定を受けたことのあるお菓子の数々のうち一部を紹介いたします。

吉祥寺駅
三鷹駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
グルメ

例1: ハーモナカ / 吉祥寺虎屋 ダイヤ街アルファ店

出典: 食べログ

駅北口にあるダイヤ街。アーケードゆえ雨天を気にせず楽しめるのが嬉しい商店街ですが、その一角に立つ和菓子屋さんでは、地域ゆかりの一品が販売されています。その名も「ハーモナカ」。
出典: 食べログ
吉祥寺といえば誰もが連想するあの「ハモニカ横丁」にちなんでいて、きちんとハーモニカの形状になっているところにご注目を。

お味もなかなかの工夫が施されたもので、白あんにレモン汁と紅茶が加わっていて、さっぱりと上品で食べやすいのです。

吉祥寺虎屋 ダイヤ街アルファ店

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-7
電話番号
0422-22-2083
営業時間
[月~日] 10:30~19:00
定休日
第2・4水曜
平均予算
[昼]¥2,000~¥2,999
最終更新日:2020.1.27
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

例2: 井の頭煎餅 / 東急百貨店吉祥寺店

出典: フォートラベル
東急は頼れる地域の一大デパート。ここ吉祥寺店のデパ地下で実は、かつて存在していた、この街のとあるおせんべいやさんの商品が復刻バージョンにて取り扱われています。
出典: 食べログ
これがその「井の頭煎餅」。明治に始まり昭和32年に廃業するまで「小美濃煎餅」というお店で親しまれたこの「井」の字形をした一作が、今では東急で復活しているという素敵な地域ストーリー。昔ながらのお醤油味が味わい深し。

東急百貨店吉祥寺店

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1
電話番号
0422-21-5111
営業時間
10:00 ~ 20:00
最終更新日:2019.11.18
大きな地図で見る

例3: きんぴら饅頭 / 紅梅堂

出典: 食べログ

吉祥寺の駅から北へ1.5キロ近く進んだあたりのこのお店では、地元食材を複数取り入れた自慢の一品「きんぴら饅頭」があって注目です。
出典: 食べログ

吉祥寺うど、それに武蔵野唐辛子を練りこんだ「きんぴらあん」がさっくりパイ生地に包まれた、こんな新手のスイーツ。優しい甘さで、地域愛も豊富にこもった和菓子なんていいじゃないですか。

紅梅堂

住所
東京都武蔵野市吉祥寺北町2-2-12
電話番号
0422-22-6026
営業時間
午前8:00~午後19:00
定休日
年中無休
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.1.27
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

例4: 厚焼きけやきりーふ / エスプリ・ドゥ・パリ

出典: 食べログ
ここも吉祥寺駅からはちょっと離れた、武蔵野市民文化会館近くにあるお店。ここには、界隈に構える成蹊大学にちなんだ一品「厚焼きけやきりーふ」があります。
出典: 食べログ
お店の立つ五日市街道をちょっと歩けば成蹊大学の門。そこから始まるケヤキの並木道の眺めにインスピレーションを受けて作られたのがコレです。

多めにまぶされた白ゴマ、そしてバターの味わいがほっこり優しい、地域の味わい。

エスプリ・ドゥ・パリ

住所
東京都武蔵野市中町3-5-12 サンライト中町 1F
電話番号
0422-54-5139
営業時間
10:00~20:00
定休日
無休
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2020.1.27
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

例5: レーズンサンド / レモンドロップ

出典: 食べログ
レモンドロップは、1980年にはじまった吉祥寺ローカルな有名店。見た目からして美味しそうなケーキのオンパレードでひっきりなしに人がやってきます。
出典: 食べログ
そんなこのお店でオープン当初から発売されている「レーズンサンド」。集めに焼いたクッキーとラム酒の味わい確かなレーズンやクリームが上品においしくまとめあげられています。

レモンドロップ 本店

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-8 レモンビル 1F
電話番号
0422-22-9681
営業時間
10:30~22:30(喫茶のL.O.22:00)
定休日
無休
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2020.1.27
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

味覚で伝わる、武蔵野市らしさ

お菓子に限らず、お惣菜や飲料など色々なアイテムが認定の栄誉にあずかる「武蔵野プレミアム」ですが、その審査会には武蔵野市民も招かれているというから、その合意にもより説得力が感じられます。

地域愛豊かな自慢の逸品たちを、ぜひ試してみましょう。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事