ちくわ。 おでかけ情報

アートな空間でひとやすみ。六本木・青山周辺のおすすめミュージアムカフェ5選

ちくわ。編集部

公開日 2020年1月23日

ちょっとリッチな飲食店や、おしゃれなショップが集まり、ラグジュアリーなイメージがある六本木エリア。デートや散策におすすめな美術館も数多くあり、アート作品に触れながら、一息つくのにぴったりなミュージアムカフェもたくさん揃っています。今回は、中でも特におすすめのミュージアムカフェを5軒ご紹介していきます。アート鑑賞と共に素敵なカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょう?

恵比寿駅
表参道駅
六本木駅
乃木坂駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ

展覧会とのコラボメニューが充実している「Cafe THE SUN」

「Cafe THE SUN」は、東京メトロ・六本木駅C1出口から徒歩5分ほどの場所にある六本木ヒルズ森タワーの52階にあります。「森美術館」や「東京シティビュー」などのチケットが必要ですが、11:00~22:00までと遅くまで営業しているのが嬉しいポイント。“気軽に立ち寄れるミュージアムカフェ”をコンセプトに、落ち着いた空間でフードやドリンク、デザートを楽しめます。

出典: 食べログ

提供されるメニューは、「コーヒー・紅茶 600円」や「カクテル 800円」などの定番ドリンクメニューのほか、「森アーツセンターギャラリー」にて開催されている展覧会とのコラボメニューもあります。これまでも「ムーミン」や「セーラームーン」などのコラボメニューが注目されました。人気の展示の際は、カフェも多くの作品ファンでにぎわいます。
出典: 食べログ

Cafe THE SUN

住所
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F
電話番号
03-3470-5235
営業時間
11:00~22:00 (FOOD/LO 21:00・Drink/LO 21:30)
定休日
無休
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2020.2.26
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

ひとつのアート作品の様なティーサロン「サロン・ド・テ・ロンド 」

出典: 食べログ

国立新美術館の2階にある開放的なティーサロン、「サロン・ド・テ・ロンド 」。国立新美術館は、東京メトロ・六本木駅4a出口より徒歩5分の場所にあります。国立新美術館内の空中に浮かぶ様に設置された円形のティーサロンは、それ自体がまるでアートの一部の様です。
出典: 食べログ

時期によって、国立新美術館の催しにちなんだスイーツが提供されることも。「ケーキセット 1,260円」は、季節のケーキと、コーヒーもしくは紅茶が選べる人気メニュー。「サンドイッチ 1,260円」などの軽食もおすすめです。
出典: 食べログ

国立新美術館には他にも、B1階に気軽なカフェテリアの「カフェテリア カレ」、1階には落ち着いたレストラン、「カフェ コキーユ 」3階にはフランス料理が楽しめる「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」があり、気分によって食事シーンを選べます。

サロン・ド・テ・ロンド

住所
東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館 2F
電話番号
03-5770-8162
営業時間
[土~木] 10:00~18:00(17:30L.O) [金] 10:00~19:00(18:30L.O)
定休日
火(祝祭日の場合は水曜日となる)
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2020.2.26
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

緑の中で癒しのカフェタイム「NEZUCAFE」

東京メトロ・表参道駅より徒歩約10分の「根津美術館」に併設された「NEZUCAFE (ネヅカフェ) 」。ガラスの向こうに広がる根津美術館の庭園を楽しみながら、ゆったりと過ごせるカフェです。
出典: 食べログ

「ケーキ 600円」やドリンクの他、「B.L.Tサンドイッチ 1,000円」や「ハンバーグ 1,350円」など、フードメニューも充実。中でもおすすめは、「ミートパイ&サラダシングル 800円」です。サクサクのパイにしっかりと詰まったひき肉が入り、食べ応えがありますよ。

NEZUCAFE

住所
東京都港区南青山6-5-1 根津美術館内
電話番号
03-3400-2536
営業時間
午前10時~午後5時(ラストオーダー午後4時30分)
定休日
月曜日・展示替期間・年末年始(ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日) 
平均予算
[昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2020.2.26
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

展覧会ごとに変わる和菓子が魅力!「Cafe 椿 山種美術館内」

JR山手線と東京メトロの恵比寿駅から徒歩10分ほどにある「山種美術館」内のカフェ、「Cafe 椿(Cafe Tsubaki)」もおすすめ。銀杏並木をガラス越しに楽しみながら、優雅なひとときを過ごせます。美術館に入らなくても、カフェのみの利用が可能です。
出典: 食べログ

にゅう麺やそうめんなどの食事メニューもありますが、おすすめは「和菓子とお茶のセット 1,100円」。和菓子は、展覧会で出展されている作品から選ばれたモチーフのものが用意されており、展覧会ごとに変わるため、何度行っても飽きません。抹茶と共に和菓子を楽しむ優雅なひとときを提供してくれるカフェです。

Cafe 椿 山種美術館内

住所
東京都渋谷区広尾3-12-36 山種美術館内
電話番号
03-5777-8600
営業時間
11:00~17:00
定休日
美術館閉館日
平均予算
[昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2020.2.26
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

茶室で本格的なお抹茶がいただける「玄鳥庵」

東京メトロ・六本木駅直結の「サントリー美術館」内にある茶室、「玄鳥庵」。入館料と別途1,000円で季節の和菓子と、お抹茶を楽しめます。展覧会が開催されている期間中、指定された木曜日のみの営業しているため、あらかじめ営業日をチェックしておくのがおすすめ。時間は11:30~17:30までです。
他にもサントリー美術館には、改修工事のため2020年5月まで休業中ですが、「shop×cafe (ショップ・バイ・カフェ)」というミュージアムショップに併設されたカフェもあります。甘味が楽しめる和風テイストのカフェで、改修工事が終わるのを待ち望むファンも。

茶室 玄鳥庵

住所
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
電話番号
03-3479-8600
営業時間
展覧会会期中の指定の木曜11:30〜17:30(入室は17:00まで)
最終更新日:2019.11.27
大きな地図で見る

六本木・青山エリアのお洒落なミュージアムカフェに行ってみよう!

ラグジュアリーなイメージのある六本木・青山エリアには、アートに触れつつ優雅な時間を過ごせるミュージアムカフェが数多くあります。今回は中でもおすすめの5店をご紹介しました。ぜひ今回の記事を参考に、美術館めぐりとカフェタイムを楽しんでくださいね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事