ちくわ。 おでかけ情報

文学好きにもおすすめ! 歴史情緒あふれる、小田原の「西海子小路」を散策しよう

ちくわ。編集部

公開日 2020年3月6日

小田原市にある「西海子小路(さいかちこうじ)」は、かつて武家屋敷が立ち並んでいた歴史ある場所。今回は、そんな「西海子小路」の魅力と周辺にあるおすすめの観光名所をご紹介していきます。観光スポットを巡りながら、趣たっぷりな小路をのんびりと散策してみてはいかがでしょうか? 小田原へおでかけする前に、ぜひチェックしてください。

エリア
小田原
小田原駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
街を知る

小田原の歴史ある小路「西海子小路」

小田原駅から徒歩15分ほどの場所にある「西海子小路(さいかちこうじ)」は、江戸時代には武家屋敷が17軒もあったと伝わる歴史ある通り。
出典: フォートラベル

明治以降には、著名な文学者たちが住まいを構えるようになりました。通り沿いにはこうした文学者にちなんだ資料を展示する「小田原文学館」があるので、文学好きな方にもおすすめのスポットです。
出典: フォートラベル

桜の名所としても知られる「西海子小路」。通り沿いに約50本ものソメイヨシノが植えられています。
出典: フォートラベル

満開の頃には美しい桜のトンネルが。この時期だけの特別な景色を楽しみに、開花にあわせて訪れてみてくださいね。
出典: フォートラベル

西海子小路

住所
神奈川県小田原市南町
最終更新日:2019.12.26
大きな地図で見る
そんな西海子小路周辺には、ぜひ訪れたいスポットがたくさん。早速ご紹介していきましょう。

小田原ゆかりの文学者に親しめる「小田原文学館」

通り沿いにある「小田原文学館」は、小田原にゆかりのある文学者たちの資料を展示しています。小田原出身で芥川賞や文化勲章を受章した作家の尾崎一雄や、近代文学の先駆者と称される北村透谷などに関する常設展示のほか、特別展示も開催。
出典: フォートラベル

スパニッシュ瓦葺きの屋根を持つ洋風建築の建物は、登録有形文化財に指定されています。ぜひ建物や庭園もじっくり鑑賞してください。
出典: フォートラベル

小田原文学館

住所
神奈川県小田原市南町2-3-4
電話番号
0465-22-9881
営業時間
9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
定休日
年末年始(12月28日~1月3日)、臨時休館あり
最終更新日:2020.1.31
大きな地図で見る

北原白秋好きなら訪れたい「白秋童謡館」

代表作「赤い鳥小鳥」をはじめ、数多くの童謡を生み出した詩人の北原白秋。「小田原文学館」と同じ敷地内にある「白秋童謡館」は、北原白秋が小田原に住んでいた頃の童謡創作について紹介しています。
出典: PHOTOHITO

登録有形文化財に指定されている楼閣風の和風建築は、細部まで工夫をこらしています。観覧料は「小田原文学館」と共通で大人250円、小・中学生100円です。
出典: PHOTOHITO

白秋童謡館

住所
神奈川県小田原市南町2-3-4
電話番号
0465-22-9881
営業時間
9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
定休日
年末年始(12月28日~1月3日)、臨時休館あり
最終更新日:2020.3.3
大きな地図で見る

風情ある空間が広がる「旧松本剛吉別邸庭園」

西海子小路をはさんで「小田原文学館」の斜め向かいにある「旧松本剛吉別邸庭園」は、貴族院議員などを歴任した松本剛吉氏が大正12年ごろに建てた別邸です。数寄屋風の主屋と茶室「雨香亭」のほか、素晴らしい庭園も見ごたえたっぷり。
出典: フォートラベル

約2,500平方メートルもある庭園は、借景として箱根山などを取り入れた近代庭園で、豊かな自然を見て肌で感じることができますよ。
出典: フォートラベル

旧松本剛吉別邸庭園

住所
神奈川県小田原市南町2‐1‐27
営業時間
原則、木曜日から日曜日及び祝日 午前11時00分から午後3時00分
定休日
※公開日が決まっているのでサイトをご確認ください
最終更新日:2020.2.21
大きな地図で見る

歴史を感じながら、西海子小路をのんびり散策しましょ

小田原駅から徒歩15分ほどでアクセスできる「西海子小路」は、かつて武家屋敷が立ち並び、その後は文学者たちが暮らした歴史ある場所。歴史好きはもちろん、文学好きな方もぜひ訪れてみてください。趣たっぷりな通りをのんびり散策すれば、忙しい日常を忘れさせてくれることでしょう。小田原を訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事