ちくわ。 おでかけ情報

時間を見るたび、ごきげんに♪ 育てるハンドメイド時計と愛おしい古物|atelier coin

good mornings

公開日 2020年2月12日

誰しもに身近な存在である「時間」。毎日時計を見るたびにときめいて、長い年月を経ても新しさすら感じるような、そんな長年を共にしたい相棒探しに吉祥寺の「atelier coin(アトリエ コワン)」を訪ねてみましょう。

吉祥寺駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
お散歩
体験・ショッピング
街を知る
ものづくりを愛する人であれば、なにかとお世話になる「吉祥寺」。ユザワヤをはじめ生地や毛糸を扱う材料屋が多かったり、良い刺激がもらえる素敵な雑貨店に出会えたり。少し歩けば自然豊かな井の頭公園もある。のんびりしながら創造力を養える、そんな散歩が楽しい街です。

なかでもユニークな店が密集する中道通りに、なにやら味のあるお店を発見しました。そこは手作り時計と古いものを集めた店「atelier coin(アトリエ コワン)」です。
お店の店主は時計職人の大護慎太郎さん。昔から手を動かしものを作ることが大好きだったという彼らしく、お店で販売している腕時計や掛け時計をはじめ、古いものを組み合わせて作るアクセサリーやオブジェ、お店の内装に至るまで全てがお手製というから驚き。その磨き上げられたセンスと腕の良さには目を見張るものがあります。

大護慎太郎さん。時計作りの基礎は日本の手作り時計の先駆者・篠原康治氏のもとで学んだ。持ち前のセンスと腕の良さで唯一無二の時計を作る。

まるでタイムスリップしたかのような時を感じる内装はものづくりをする友人たちとともに時間を掛けながら少しずつしつらえたもの。店の一角にある特徴的な小屋は、海外でみる銀行の窓口からヒントを得たもので、小窓からはアトリエの作業風景も垣間見ることもできます。

小屋正面の壁は古い洋館で使われていた窓を横にし取り付けた。

大護さんが時計作りを始めたのはクラフトブーム初期の17年前。自身の腕時計ブランドである「JOIE INFINIE DESIGN」を立ち上げました。SNSもない時代から地道に発信し続け、今では国内に留まらずアメリカやイタリア、アジア圏など多くのお店で大護さんの時計を見ることができます。

時計屋さんが舞台の映画『真夜中の五分前』でも登場したロングセラーアイテム。左からNEUTRAL〜boy’s ¥19,800、NEUTRAL ¥22,000。ハンドメイドでありながらお値段は良心的。

"時そのものを楽しむこと"を大切に手仕事で作られた「JOIE INFINIE DESIGN」の腕時計は、デザインから文字盤、針、ケースに至るまでそのすべてがオリジナル。細かな文字盤の数字はよく目を凝らしてみると手書きのものもあったり。ハンドメイドながら主張しすぎないクラシカルなデザインに、新品でも何年もの月日を重ねてきたような絶妙な加工具合で、日常使いにちょうどよく馴染む逸品です。腕時計の素材は真鍮やシルバー、革を使用するため、表情は日増しに味わい深く。ベルトカラーと針はセミオーダーも可能です。

右が使用前、左が使用後。使えば使うほどその味わいがデザインに。HOLMES ¥26,400

夏にはオーダー会も開催。針は30種類以上、文字盤は25種類以上、それにベルトやケースまで、好きなパーツを一からカスタムできます。どれにしようか自分だけの時計作りは、老若男女誰でもわくわくできるはず。
いくら耐久性を備えていても、時計は電池がなくなれば止まるし、機械式の時計でも壊れることもあります。「atelier coin」では購入した時計の修理にも対応。売りっぱなしではない、長い年月をかけてともにお客さんと寄り添っていく。長い人であれば10年以上の付き合いになる方も!
店内には「JOIE INFINIE DESIGN」の腕時計のほか、掛け時計や置き時計もあちらこちらに。主に古い時計のパーツを組み替えるなどして、オリジナルに仕立てた物を。違う国の違う年代のパーツを組み合わせるなどしながら、現代でも使いやすくアレンジしています。
ほかにもアジアやヨーロッパなど海外の市場で収集してきた古いものもたくさん。何か一手間を加えてコワンらしさをプラスした雑貨やアクセサリーに、リメイク好きにはたまらない古道具や時計のパーツだけも販売。自分の感性を信じて掘り出し物を探す、そんな過程も楽しめるはずです。

近所の方からゆずってもらった鉄道模型の部品をリメイクしたアクセサリー。

吉祥寺にお店をかまえて11年目。背伸びせずにいられる、のんびりとした街の雰囲気が大好きだという大護さん。お店が位置する中道通り商店街は個人経営のお店も大手企業のお店もみんな仲良し。横のつながりをしっかりと感じられるのも居心地がいい理由だといいます。

吉祥寺中道商店会では役員も務める大護さん。毎年9月に行われる「吉祥寺秋祭り」では商店街のお神輿も担いだ。

店には近所の人がふらっと立ち寄って世間話しをしにくることもしばしば。よく店先に植物の差し入れをくれる近所のおばちゃんがいたり、昔集めていたという古いものを持ってきてくれるマニア仲間がいたり。吉祥寺という土地柄、店は幅広いお客さんで賑わいをみせています。
(文・北居る奈)
(写真・北浦汐見)

atelier coin(アトリエ コワン)

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町4-13-15
電話番号
0422-77-0086
最終更新日:2020.2.10
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事