ちくわ。 おでかけ情報

歴史散策の途中で立ち寄りたい。小田原でおすすめの甘味処 8選

ちくわ。編集部

公開日 2020年3月14日

小田原城をはじめたくさんの観光名所がある小田原。歴史が深い街を散策するなら、周辺の甘味処も押さえておきたいところ。そこで今回は、特におすすめの甘味処をご紹介します。美味しさだけではなく、その場に流れる空気感も楽しめるお店ばかりなので、小田原を訪れる前にぜひチェックしてくださいね。

小田原駅
根府川駅
箱根板橋駅
風祭駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ

やわらかなお餅にびっくり!「元祖からみもち 鈴樹」

出典: 食べログ

まずご紹介するのは、根府川駅から徒歩20分ほどの場所にある「元祖からみもち 鈴樹」。よく伸びる柔らかなお餅に醤油味の大根おろしをからめていただく「からみもち」が名物です。
出典: 食べログ

「おしるこ 700円」や「お雑煮 800円」もおいしいですが、からみもち・あんこ・きなこ・のり・ごま・納豆から選べる「もち各種(一皿5個)800円」が一番人気。おひとり様は2種類選べるのはうれしいですね。お土産用も販売していますが、ぜひ店内で出来立てのやわらかさを堪能してください。
出典: 食べログ

元祖からみもち 鈴樹

住所
神奈川県小田原市根府川471
電話番号
0465-29-0307
営業時間
■お知らせ■ *2014年12月31日~2015年1月6日まで【営業】 *1月7日~9日は【休業】 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 *---*---*---*---*---*----*---*---*---* *水曜日・木曜日は定休日。 *水曜日・木曜日が祝祭日の場合は、営業いたします。 9:30~18:00 お餅がなくなり次第営業終了。 当日の営業時間は要確認。
定休日
水曜日、木曜日(祝日を除く) 
平均予算
[昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2020.4.7
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

ジャンボおはぎが名物! 昭和22年創業の「甘味喫茶 岡西」

出典: 食べログ

小田原駅から徒歩5分ほどの場所にある昭和22年創業の「甘味喫茶 岡西」は、大きくてずっしりとした「ジャンボおはぎ」が名物の甘味処です。
出典: 食べログ

おはぎは、あん・きなこ・ごまの3種類。出来立てを味わってもらえるように、作り置きはしないのだそう。
出典: 食べログ

こちらのおはぎを豚汁といただくのが小田原流なので、ぜひ「おはぎと豚汁 700円」をオーダーしてみてください。おはぎをはじめ和菓子は店頭でも販売しているので、お土産にもどうぞ。
出典: 食べログ

甘味喫茶 岡西

住所
神奈川県小田原市栄町2丁目9-15
電話番号
0465-22-4067
営業時間
【テイクアウト】10:00~18:00(売り切れ次第終了) 【喫茶】12:00〜18:00(L.O 17:30)
定休日
3月の休業日 3/16(月)、24(火)、25(水)、26(木)
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2020.4.7
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

600年以上の歴史をもつ老舗「ういろう」

出典: 食べログ

小田原駅東口から徒歩15分ほどの「ういろう」は、25代にわたって歴史を紡いできた外郎家が経営する薬と和菓子のお店。もっちりとした食感の蒸し菓子「お菓子のういろう(白・茶・小豆・黒) 各700円」は、小田原土産の定番です。
出典: 食べログ

併設の甘味処では、とろける食感の自家製わらび餅「琥珀のしずく 600円」などが味わえます。のんびり甘味を堪能した後は、「ういろう」に関する資料や商家ゆかりの品を展示している入館無料の「外郎博物館」に立ち寄ってみてください。
出典: 食べログ

ういろう

住所
神奈川県小田原市本町1-13-17
電話番号
0465-24-0560
営業時間
[月~土] 10:00~1730(4月~10月) 10:00~17:00(11月~3月) [日] 10:00~1700 
定休日
水曜、第3木曜、大晦日 、元旦
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.4.7
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

本店とは違ったメニューを味わえる「ういろう 駅前調剤薬局」

出典: 食べログ

小田原駅から徒歩3分ほどの場所にある「ういろう 駅前調剤薬局」も甘味処を併設。本店とはまた違ったメニューがいただけます。
出典: 食べログ

人気のわらび餅にアイスクリーム、パンケーキ、あんこ、黒蜜を添えた「笑びのしらべ 600円」は、少しずつ色んな味を楽しめるのがうれしいですね。同じくこちらの店舗限定の「くりーむあんみつ 600円」は、季節ごとにフルーツが変わります。
出典: 食べログ

ういろう 駅前調剤薬局

住所
神奈川県小田原市栄町1-2-10 秋山ビル 1F
電話番号
0465-24-0268
営業時間
10:00~17:00
定休日
毎週水曜日、第3木曜日、不定休あり
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.4.7
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

小田原城址公園で休憩するなら「本丸茶屋」

出典: 食べログ

小田原観光といえば、小田原駅東口から徒歩で10分ほどの「小田原城」ですよね。天守閣や歴史見聞館など見どころが盛りだくさんな小田原城と城址公園を観光中に休憩するなら「本丸茶屋」がおすすめです。
出典: 食べログ

平日限定10食の「小田原戦国武将茶漬け丼 1,000円」は、小田原産のお米を炊きあげた茶飯の焼きおにぎり3個を北条家の家紋「三つ鱗(うろこ)」に見立てて、曽我の杉田梅と薬味をトッピング。鰹節と昆布のお出汁は上品な味わいです。杉田梅は一般的な梅よりもクエン酸が多いので、疲労回復に効果があるのだそう。
出典: 食べログ

「クリームあんみつセット 600円」や「おしるこ煎茶セット 600円」などの甘味も揃っています。

本丸茶屋

住所
神奈川県小田原市城内6-1 小田原城址公園内
電話番号
0465-23-8100
営業時間
9:00~17:00
定休日
なし
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2020.4.7
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

登録有形文化財からの眺めを満喫「カフェ清閑亭」

出典: 食べログ

小田原駅から徒歩15分ほどの「清閑亭」は、戦国時代の軍師・黒田官兵衛の子孫である黒田長成侯爵の別邸として1906年に建てられた数寄屋風の建物で、国の登録有形文化財に指定されています。
出典: 食べログ

2010年に館内の一室にオープンした「カフェ清閑亭」では、美しい庭園や相模湾を眺めながら優雅な時間を過ごせます。「抹茶(おだわら最中付き)600円」は、小田原城を模した最中の皮に自分であんこを詰めていただきます。あんこは季節ごとに変わりますよ。
出典: 食べログ

カフェ清閑亭

住所
神奈川県小田原市南町1-5-73
電話番号
0465-22-2834
営業時間
11:00~16:00
定休日
火曜日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.4.7
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

明治時代の商家でくつろげる「武功庵」

箱根板橋駅から徒歩7分ほどの場所にある「武功庵(ぶこうあん)」は、醤油醸造業を営んでいた内野家が1903年に建てた自宅兼店舗を改装した甘味喫茶です。店名は販売していた「武功醤油」に由来するのだそう。こちらの建物も、登録有形文化財に指定されています。
明治時代の意匠をこらした空間で、「お抹茶と季節の和菓子 500円」などを味わいながらのんびり過ごす時間も素敵ですね。

武功庵(ぶこうあん)

住所
神奈川県小田原市板橋602
電話番号
0465-23-1377
営業時間
令和2年(2020年)2月2日(日)・16日(日) 3月15日(日)・29日(日)午前10時00分~午後4時00分
最終更新日:2020.3.6
大きな地図で見る

鈴廣かまぼこの里でのおやつタイムなら「こゆるぎ茶屋」

出典: 食べログ

風祭駅直結の「鈴廣かまぼこの里」は、鈴廣蒲鉾本店にレストランや博物館などを併設している体験型のテーマパーク。かまぼこ職人の技を見学したり、かまぼこやちくわ作り体験ができたりと、子供から大人まで楽しめる人気の観光スポットです。
出典: 食べログ

「鈴廣かまぼこの里」を見て回ったら、「こゆるぎ茶屋」でちょっと一息。粒あん・こしあん・きなこなどから選べるおはぎ2個に地元名産の丹沢大山茶が付く「お召し上がりセット 500円」がおすすめです。おはぎやお茶は、お土産に買って帰ることもできますよ。

こゆるぎ茶屋

住所
神奈川県小田原市風祭245 鈴廣かまぼこの里1階
電話番号
0465-22-3191
営業時間
[平日]9:00~18:00 [土・日・祭日]:9:00~19:00
定休日
無休
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.4.7
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

小田原を散策するなら甘味処も要チェック!

歴史情緒のただよう小田原の街を散策中に立ち寄りたい甘味処をご紹介しました。駅の近くや観光名所に併設しているお店も多いので、覚えておくと便利です。小田原で食のお楽しみといえば魚介のイメージが強いですが、甘味も見逃せません。ぜひご紹介したお店で美味しい甘味を堪能して、ほっと一息ついてくださいね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事