ちくわ。 おでかけ情報

旅の思い出に御朱印を。小田原のお城や神社仏閣を巡るおすすめコース

ちくわ。編集部

公開日 2020年3月13日

小田原に出かけたら、歴史ある神社や寺院を参拝して御朱印をいただいてみませんか? 今回は、神社や寺院だけではなく小田原城で授与していただける御城印にも注目。徒歩で巡れる小田原駅周辺のおすすめコースをご紹介します。各スポットの見どころや散策途中に立ち寄りたいカフェなどもお教えします。

エリア
小田原
小田原駅
箱根板橋駅
カテゴリ
一人で
友達と一緒
お散歩

2種類の御城印と小田原らしい御城印帳が話題!「小田原城」

出典: フォートラベル

まずは、JR小田原駅から徒歩10分ほどの「小田原城」へ向かいましょう。本丸を中心に「城址公園」として整備され、市制20周年記念事業として昭和35年(1960年)に天守閣を復元。小田原市のシンボルとして多くの人に親しまれています。
出典: フォートラベル

標高約60mの位置にある天守閣の展望デッキからは相模湾が見渡せ、晴れた日には遠くに房総半島を見ることもできますよ。
小田原城天守閣入場券販売所では、「北条版 300円」と「江戸時代版 300円」の2種類の御城印を用意。北条版には小田原北条氏の家紋、江戸時代版には後期大久保氏の家紋・摩利支天の梵字があしらわれています。小田原城址公園を思わせる桜と市花の梅をがデザインされた「御城印帳 2,300円」も販売。登閣の記念に御城印をいただきましょう。

小田原城・小田原城址公園

住所
神奈川県小田原市城内
電話番号
0465-22-3818
最終更新日:2020.1.31
大きな地図で見る

世のために生涯を尽くした二宮尊徳翁を祀る「報徳二宮神社」

出典: フォートラベル

つづいて向かうのは、城址公園の一角にある「報徳二宮神社」。薪を背負いながら勉学に励む姿で有名な二宮金次郎こと二宮尊徳翁を祀る神社です。尊徳翁の生誕の地が小田原ということから、明治27年(1894年)に小田原城二の丸小峰曲輪の一角に創建されました。
出典: フォートラベル

境内には緑が多く、散策にぴったり。立派な神明造りの社殿や、天保の大飢餓の際に藩主の命を受けて尊徳翁が小田原城内の米蔵を開き、小田原11万石の領内を飢餓から救ったという米蔵の礎石は必見です。
社務所では御朱印を授与していただけます。初穂料は設定されていないので、お心づけを納めてくださいね。

報徳二宮神社

住所
神奈川県小田原市城内8-10 (小田原城址公園内)
電話番号
0465-22-2250
最終更新日:2020.1.31
大きな地図で見る

おしゃれな「きんじろうカフェ」でひと休み

出典: 食べログ

そろそろカフェで休憩したいころですよね。「報徳二宮神社」の境内にある「きんじろうカフェ」は、尊徳翁について広く知ってもらうことを目的としたおしゃれなカフェ。江戸時代に尊徳翁が食べていたと伝わる大豆をすりつぶした「呉汁 550円」などの食事や本格的なイタリアンコーヒーを提供しています。
出典: 食べログ

おすすめは、ふわふわのミルクに二宮金次郎モチーフのラテアートが描かれた「カプチーノ 550円」。店内ではオリジナルグッズも販売しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
出典: 食べログ

きんじろうカフェ

住所
神奈川県小田原市城内8-10 小田原城隣接 報徳二宮神社内
電話番号
0465-23-3246
営業時間
11:00~16:00
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.9.27
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

小田原宿の総鎮守「松原神社」

「きんじろうカフェ」を後にして向かうのは、徒歩10分ほどのところにある「松原神社」です。創祀の時期は分かっていませんが、東海道を行き交う人で賑わった小田原宿の総鎮守で、明治2年(1869年)に現在の「松原神社」という名前になりました。
出典: フォートラベル

御祭神は日本武命(やまとたけるのみこと)、素戔嗚命(すさのおのみこと)、宇迦之魂命(うかのみたまのみこと)。5月3~5日には「松原神社明神会」を中心に盛大な大祭がおこなわれます。
境内には住吉神社、鹿島神社、手置神社、稲荷神社、八幡神社の五社が祀られています。参拝してから、書置きの御朱印をいただきましょう。

松原神社

住所
神奈川県小田原市本町2ー10ー16
電話番号
0465-22-2672
最終更新日:2020.3.9
大きな地図で見る

水掛布袋尊を祀る「醫王山 薬師院 圓福寺」

「松原神社」から徒歩8分のところにある「醫王山 薬師院 圓福寺」は、京都の東寺(教王護国寺)を本山とする真言密教のお寺です。
出典: フォートラベル

開山は元亀2年。小田原七福神のひとつで、福寿・財宝をもたらす弥勒菩薩の化身佛とされる水掛布袋尊(みずかけほていそん)と本尊大日如来(たいにちにょらい)を祀っています。
境内には福々しい耳と大きなお腹が特徴の布袋尊が。やさしい笑顔の布袋尊をお参りして、御朱印をいただきましょう。

醫王山 薬師院 圓福寺

住所
神奈川県小田原市本町4丁目6番24号
電話番号
0465-22-9511
最終更新日:2020.3.9
大きな地図で見る

3徳を唱える福禄寿を祀る「大蓮寺」

出典: フォートラベル

つづいては、「圓福寺」から徒歩4分ほどの「稲荷山 大蓮寺」へ。南極老人星の化身で、短身・長頭が特徴の仙人、福禄寿を祀っている浄土宗のお寺です。財運や智慧、立身出世のご利益があると言われています。
出典: フォートラベル

御朱印は、福(幸福)、禄(生活の安定)、寿(長寿)の3徳をそなえる福禄寿のモチーフが描かれています。

大蓮寺

住所
神奈川県小田原市南町2-4-9
最終更新日:2020.3.9
大きな地図で見る

商売繁盛を願うなら「報身寺」

「大蓮寺」の次に向かうのは、徒歩7分のところにある「報身寺」です。こちらも浄土宗のお寺で、海と船の商売の神様である恵比寿神が祀られています。
出典: フォートラベル

富財の神様として信仰されている恵比寿神。境内には、参拝者をにこやかな表情で迎えてくれる木彫りや石像の恵比寿神が安置され、参拝客が商売繁盛や無病息災、交通安全などを祈願しています。
参拝したら、釣り竿と鯛をもった恵比寿神がモチーフの御朱印をいただいてくださいね。

報身寺

住所
神奈川県小田原市南町3‐11‐3
最終更新日:2020.3.9
大きな地図で見る

煌びやかな御朱印が特徴の「寳聚山 大久寺」

「報身寺」から徒歩10分ほどの「寳聚山 大久寺」は、徳川家康の忠臣で小田原城主の大久保忠世公が大久保家の菩提寺として建てたお寺です。初代・忠世の墓石は損傷が少なく、今も立派な法華五輪塔を見ることができます。
出典: フォートラベル

御朱印は副住職が授与してくださり、金色のアゲハ蝶が舞う素敵なデザインです。不在の場合は、書置きの御朱印をいただけますよ。

寳聚山 大久寺

住所
神奈川県小田原市城山4-24-7
電話番号
0465-24-0830
最終更新日:2020.3.9
大きな地図で見る

「居神神社」の御朱印は上品なイラスト付き

出典: フォートラベル

つづいて向かうのは、「大九寺」から徒歩5分ほどの「居神神社(いがみじんじゃ)」です。自刃した首が三浦半島から海を越えて小田原の井神の森の古松まで飛来したという伝説が残る、北条氏の敵将・三浦荒次郎義意が祀られています。
出典: フォートラベル

境内の一角には、念仏供養のために建てられた鎌倉時代末期のものとされる古碑群も。市街地に残る最も古いものとして小田原の指定重要文化財に指定されているので、ぜひ探してみてくださいね。
拝殿や古碑群を見てまわったら、最後に境内にある水神社の御朱印もお願いして、見開きの水輪や竹のイラストがあしらわれた上品な御朱印を授与していただきましょう。

居神神社

住所
神奈川県小田原市城山4-23-29
最終更新日:2020.3.9
大きな地図で見る

もう少し足を延ばして「蓮船寺」へ

「居神神社」を後にして、そのまま箱根板橋駅から帰るのもいいですが、時間があれば15分ほど歩いたところにある「蓮船寺」も参拝していきましょう。
出典: フォートラベル

自然豊かな山林の中にある「蓮船寺」は、戦国時代末期に小田原北條氏一門の井出氏によって創建されたお寺です。大黒天、毘沙門天、弁財天のお顔が彫られた三面大黒天があり、予約すれば10:00~16:00まで開帳していただけます。
ぜひ事前に予約して、貴重な三面大黒天を拝観し、大黒天モチーフの社紋印が押された御朱印をいただいてくださいね。

蓮船寺

住所
神奈川県小田原市城山3-31-15
電話番号
0465-22-8844
最終更新日:2020.3.9
大きな地図で見る

小田原のお城や神社仏閣を巡ろう!

由緒ある神社や寺院が多い小田原市。都心からもアクセスしやすく、休日にでかけてのんびりと散策したい街です。まずは小田原のシンボルとも言えるお城からスタート! 由緒ある神社やお寺を訪れて、参拝の証として御朱印を授与していただきましょう。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事