ちくわ。 おでかけ情報

東京とフランスでの経験を生かして、小田原でレストランを開業! 地元自慢の“おいしい”をとことん探求

ちくわ。編集部

公開日 2020年4月12日

山本良憲(やまもと よしのり)さん(35歳)/東京都内から妻と長女(4歳)と移住して3年目です。小田原周辺の食材を豊富に使うレストラン『MECIMO(メシモ)』を、葛窪拓真(くずくぼ たくま)シェフと共同経営しています。
※2020年3月時点の情報です。

エリア
小田原
小田原駅
カテゴリ
デート
子供と一緒
友達と一緒
グルメ
街を知る

東京ではできない“食体験”を小田原でしてほしい

僕は、小田原から急行で1駅の足柄上郡松田町の出身です。人材派遣会社に登録して箱根のホテルで働いていましたが、貯金しては海外へサーフィンの旅に出る、そんな青春時代でした。縁あって、東京・青山のミシュラン2つ星レストランに就職。サービス担当として充実した日々を過ごしていました。
気持ちに変化が起きたのは、東日本大震災の後。「一度きりの人生、僕にしかできない仕事をしたい」と、大好きなワインを学び、ソムリエ資格を所得しました。2年間、フランス・ローヌ地方でワイン造りを経験したのですが、その時に、土地の個性を表現するっていいなあと思い始めたのです。
帰国して今後の人生を考えている頃、大阪で活躍している料理人、葛窪拓真さんと知り合いました。同じ神奈川県出身で、話すうちに「一緒にお店を開こう」と、意気投合。2人にゆかりある神奈川県内でも、海と山が近くて食材が魅力的な小田原を新天地に決めました。目指すのは、小田原の土地の個性を表現するお店。訪れる人に、東京じゃできない食体験をしていただきたいのです。

山本良憲さん(左)とシェフの葛窪拓真さん。『MECIMO』(小田原市栄町)店内にて

素晴らしい食材に、夢が広がる!

小田原で開業してよかったことは、想像していた以上にすばらしい食材が多いこと。生産者さんとの出会いも刺激的です。開店準備期間中に産地をめぐったのですが、加藤かいさんが自然農法で育てている野菜は、生命力にあふれていて本当においしいんです。
加藤さんの畑へは、お店から車で15分。南足柄市の小高い丘にあって、頻繁に訪ねて野菜が育つ様子を見学させてもらっています。丹沢の山々が見えるでしょう? あの山を駆けるシカやイノシシは、仲良くなった猟師さんに分けてもらっているんです。加藤さんには、オリーブを育ててオリーブオイルを搾りたいという夢があるんですが、いずれそのオリーブオイルを使わせていただきたい! 僕たちの夢も広がります。

自然農法を営む加藤かいさん(写真・右)の畑にて。丹沢の山々が見渡せるのびやかな場所

地域の人と積極的に交流し、新しい“流れ”をつくる

なるべく地元の商店とのつながりを築きたいと思って、商工会に入りました。レストランで提供しているコーヒーの豆は、地元で60年続く『スズアコーヒー』さんにお世話になっています。3代目の鈴木雄介さん(写真・右)が、うちの料理に合う豆の選定、焙煎具合を考えてくださっているんです。
うちのコーヒーを飲んだお客さまが、こちらに豆を買いにいらしたそうで、鈴木さんに、「今までにない流れを感じるね〜」と言ってもらえたことがうれしかった。僕たちがこの街で役立つことを、もっと模索したいと思っています。

コーヒー豆は小田原の老舗『スズアコーヒー』で調達。地元の人と積極的に交流する

駅まで徒歩15分、海まで徒歩3分の環境がお気に入り

東京と小田原で大きく違うところは、東京は、ストレスが多い街というところでしょうか。まず、心のストレスですね。常に最前線に立ってトレンドを意識しなければという気負いは、息切れします。さらに、物質面のストレスも大きい。東京では四ツ谷の賃貸住宅に家族3人で住んでいましたが、言うまでもなく今よりも狭くて高かったですね。今住んでいる小田原のアパートは、2LDKの新築で、家賃は8万円。駅まで徒歩15分、海辺まで3分の立地で、妻も気に入っています。

お店と行き来しやすい立地に借りたアパート。日当たりも良好

自然に囲まれて、家族とともに過ごす休日

10代からサーフィンをしていたのは、自然が好きだったから。だから、自然の少ない東京は馴染めなかった。小田原は手を伸ばせばすぐそこに自然が広がっていて、公園も広くてのびのびしています。休日は、家族3人で過ごす時間を大切にしようと決めていますので、朝からお弁当を持って出かけます。いずれ余裕ができたらサーフィンもしたいですね。

自宅から車で5分ほど走れば、海を望む絶景が広がる

移住者ならではのアンテナで、地元民が気づかなかった小田原の魅力をぐいぐい引き出している山本さん。『MECIMO』の料理を食べれば、移住熱が高まるかもしれません。

メシモ

住所
神奈川県小田原市栄町2-5-22 木戸ビル 1F
電話番号
0465-20-3744
営業時間
11:30~13:30(L.O) 18:00~20:00(L.O) バー営業 20:00~21:30
定休日
月曜、不定休
平均予算
[夜]¥15,000~¥19,999 [昼]¥10,000~¥14,999
最終更新日:2020.6.1
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。