ちくわ。 おでかけ情報

思わずうなる味わい…。江戸時代から続く和菓子屋さんの数々でお江戸スイーツを

good mornings

公開日 2020年5月2日

東京は広いので令和の今でも残る江戸時代のお店が、探せばあります。何世代にもわたり数えきれない人をほっこりさせてきた甘ーいスポットをここでいくつかピックアップしてみましょう。

日暮里駅
亀戸駅
両国駅
浅草駅
曳舟駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
グルメ

SINCE1675 浅草イチの老舗 / 金龍山浅草餅本舗

出典: 食べログ
浅草寺の境内を前に店が軒を連なる仲見世通りの一画にあるので気付きづらいですが、創業が驚くなかれ延宝3年(1675年)、浅草イチ古いお店と言われています。浅草餅と揚げまんじゅうが有名。
出典: 食べログ
その揚げまんじゅうは、外がカリっと、あんも甘さ程よく、揚げもの的なクドさもなくおいしいです。あえてバラ売りをしないポリシーも素敵。

金龍山浅草餅本舗

住所
東京都台東区浅草2-3-1
電話番号
03-3841-9190
営業時間
AM8:30~PM5:30
定休日
水曜日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.6.1
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

殿さまたちをもとりこにした完全予約生産のお菓子 / 越後屋若狭

出典: 食べログ
両国駅の南方にあるこちらは、知る人ぞ知る完全予約制の和菓子店。江戸時代の大名や明治時代の要人、また現代でも茶道家などに愛好される上品な味わいが自慢です。その歴史も18世紀中盤にまでさかのぼります。
出典: 食べログ
名物はこの流し水ようかん。夏期間かぎりのお楽しみです。口溶けが限りなくみずみずしく、口の中で形がさっと消えてしまうほどなのです。これを、商品を受け取ったその日限りで食べきるのです。その緊張感も含めて、おいしい……。
出典: 食べログ
他にもこんな錦玉(きんぎょく)や練り切りなど、うるわしの一級和菓子が月代わりで登場するので、毎月一度はお世話になりたい誘惑に駆られます。

越後屋若狭

住所
東京都墨田区千歳1-8-4
電話番号
03-3631-3605
営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日、祝日
平均予算
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥3,000~¥3,999
最終更新日:2020.6.1
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

文化2年(1805年)にさかのぼるくず餅 / 船橋屋

出典: 食べログ
墨田区の南、亀戸天神のすぐそばで営まれる船橋屋は、その名の通り初代が下総国(千葉県)の船橋出身。地元ではよく食べられていたくず餅を境内のそばで売り始め、それが今でも続いてます。
出典: 食べログ

無添加自然発酵でつくられる定番の「くず餅」や上のように豆も入った「豆くず餅」、くず餅の入ったあんみつも種類豊富。いろんなかたちで200年以上の歴史ある味わいを楽しめます。

船橋屋 亀戸天神前本店

住所
東京都江東区亀戸3-2-14
電話番号
03-3681-2784
営業時間
販売 9:00~18:00 お召上がり 9:00~17:00
定休日
無休
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2020.6.1
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

昨年めでたく200周年 / 羽二重団子 本店

出典: 食べログ

台東区東日暮里の羽二重団子は創業が文政2年(1819年)と、昨年めでたく200周年を迎えたところ。明治に入ってからも夏目漱石「吾輩は猫である」をはじめ名だたる文豪たちの作品にその名が登場しています。
出典: 食べログ
自慢のお団子はというと、焼団子(生醤油)と餡団子(こし餡)の 2種のみ。平たい形になっていて、これがしこしことした食感でおいしいです。

煎茶と一緒になった「子規セット」(正岡子規)、冷酒が一緒になった「天心セット」(岡倉天心)など生前この店の団子を愛した故人にちなんだセットメニューもあるのがさすが。

羽二重団子 本店

住所
東京都荒川区東日暮里5-54-3
電話番号
03-3891-2924
営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休(12/30~1/1を除く)
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.6.1
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

隅田川のほとりで団子一筋 / 言問団子

出典: 食べログ
墨田区向島の誇る三色団子のお店、言問団子。これまた江戸末期から続く老舗です。その昔、腰掛け茶屋だった時代から変わらないその味を今に伝えてくれています。

ロケーションも駅近では全くなく、きわめて複雑な向島の路地を抜けた先にようやっと見つかるところがリアルです。
出典: 食べログ

こちらの団子は、外側があんになっていて、白あん、小豆あん、そして味噌あんの3種の取り揃えが何だか信号機みたいな可愛さです。下町散策のついでにお持ち帰りで隅田川で食べるなんていうのも雰囲気があって良いでしょう。お江戸、隅田川〜(笑)

言問団子

住所
東京都墨田区向島5-5-22
電話番号
03-3622-0081
営業時間
9:00~18:00
定休日
火曜日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2020.6.1
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

長年続く美味しさ、伊達ではない

ここで紹介した5つのお店はすべて山手線よりも東側。やっぱり江戸というと東京右半分なワケですね。何世代にも渡って愛され続けてきたこれら、言ってみれば味の歴史遺産はぜひとも体験しておきたいものです。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事