ちくわ。 おでかけ情報

きっと目からウロコ。昆虫食専門会社「TAKEO」の虫グルメのススメ

good mornings

公開日 2020年5月17日

聞いてドキッとする人も多そうな、昆虫食。人口増大に伴う食糧難が危惧されるいま優れた栄養源として一部で確かな注目を浴びています。この会社が手がける商品も、来たる未来の食卓のスタンダードかも?

田原町駅
稲荷町駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ
なんと虫を食すという昆・虫・食。心にざわつきを覚える人も少なくないでしょう。かつてならゲテモノ扱いされていたものの、実は高タンパクにして低脂質。いまだなじみのないその味わいは食の楽しみにおける新たな地平を切り開くものでもあります。

増え続ける世界人口を支えるだけの食糧が不足しかけている中、国連食糧農業機関(FAO)も「ぜひとも取り入れていこう」と推奨するくらいとあって、昆虫食は地球市民にとって今ぜひともかじっておきたい分野と言えます。

注:こちらの実店舗は実際には今お休み中。各商品はネットショップでのみ取り扱われています。

かっぱ橋道具街からちょっと脇にそれたところに社屋を構えるTAKEOは、そんな昆虫食を専門に事業展開する先進的な会社。肉や魚や野菜同様、虫もごくふつうに食卓に並ぶ日を夢見て商品開発・養殖・販売など、普及のために邁進しています。

販売している商品は現在のところおよそ25種類。京野菜で育ったコオロギの煮干しとか、ナチュラルなのにすごく甘い香りのタガメサイダー、カイコやコオロギの昆虫ふりかけ、ゲンゴロウ、カブトムシ、サソリ、幼虫ミックスなど姿そのままの各種昆虫スナックほかいろいろ。

栄養価だけを考えれば粉末にするなどして虫の姿をさらさないようにすることもできる中、あえてそのカタチを残すことにより「虫を食べている」実感が得られやすい商品になっているものも多いです。

店長の三浦さん。来店者に虫の味わいをあれこれ教えてくれる伝道師

「京都こおろぎ」は味付けが塩のみというコオロギの煮干し。京野菜、また最後にはカモミールを食べさせているとあってナイスな香ばしさ。その70%がタンパク質で、腸内環境も良くするという

味わいや香りに対するイメージとその実際をすり合わせる体験は初めての人なら誰しもドキドキでしょうが、驚きの筆頭格は何と言ってもタガメ。

ゴツいルックスとは裏腹に、タガメの香りは一切のお世辞なく食べ頃の青リンゴかそれ以上のフルーティーなもの(!)。店舗には瓶詰めされただけのタガメもあって嗅げばなるほど昆虫食界の高級食材であることに納得するのですが、そんなタガメエキスがしっかり香るのがタガメサイダー。お店の一大プッシュアイテムです。

「タガメサイダー」(右)に、レモングラスとタピオカ、シロップ漬けのタガメを加えた「めっちゃタガメサイダー」(左のPOP)。後者は店舗のみでの提供なので、実店舗再開の時をお楽しみに

ムシ然とした姿にやっぱり抵抗を感じる、という人でもトライしやすいのはHARD BUG。ひと袋あたり粉末状のコオロギが80匹分も入ったパスタスナックで、オニオンガーリックやゆず七味といった味の種類もあって、おやつにバリボリ食べられます。またバッタやスーパーワームをまるまるチョコでコーティングしたものもハードルが低そう。

店長の三浦さんいわく「サソリはカツオのような風味」だとか「タランチュラはスルメみたい」だとか、魚に例えられることも多い各種昆虫の味わい。種類も多くこれらをひとつひとつ試してみるのは奥深い味覚の旅となりそうです。

上段にHARD BUG。下段にはふりかけ。ご飯用、焼きそば用、ラーメン用など

おつまみにちょうど良い、はちのこの焼き菓子

事実、お店も今なお様々な昆虫のエキスを取り出してはあの味この料理と組み合わせる研究を継続中。サソリ、カブトムシ、タランチュラとまだ見ぬ美味の境地を目指す日々が続いています。

さかのぼれば、国内でも地域によってはイナゴ、カイコ、ザザ虫などが伝統的に食されてきたり、また漢方ではサソリやオケラが材料に用いられきた例も。この先、温故知新的な発展も期待できそう。
TAKEOのお店は目の前に小学校があって、そこの子ども達の間からの認知もやはり上々。小さい頃から虫に食べ慣れたいわば「昆虫食ネイティブ」は、目下ここ台東区松が谷にて、世に先駆け多数育まれている最中と思われます。

またHPではタガメラッシーなど意欲的なレシピも多数公開されており、このほど立ち上がったばかりのYouTubeチャンネルでもバターチキンカレーならぬバッタチキンカレーをつくる動画などが公開中。オンラインでもいろいろ仕掛けられているのがわかるでしょう。

日曜限定の「国産コオロギのペペロンチーノ」はプチプチとした食感が魅力。店舗再開の際にはぜひトライを

エビ・カニが好物という人も多いでしょうが、それら甲殻類は実は生物的に昆虫にとても近いのだとか。だとすると、はじめの一歩を踏み出すのにさほど難儀する必要もなさそう。そうは思いませんか。

(文:古谷大典)
(写真:丸山智衣)

TAKEO

住所
東京都台東区松が谷1-6-10
営業時間
13:00~18:00(日曜は11:30~)
定休日
水・土曜
最終更新日:2020.5.11
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。