ちくわ。 おでかけ情報

新宿・原宿・池袋の片隅で、昭和の記憶をひっそりと伝えているアレ

good mornings

公開日 2020年5月31日

令和のいま「昭和」というと平成の三十年余りを挟むだけにかなり昔のハナシ。高度経済成長も、またそれに先立ち戦争もあった激動の時代をしのばせるモノが、都内でも中心的な街中でひっそり残っている事例をここでは紹介します。

池袋駅
新宿駅
原宿駅
明治神宮前駅
新宿西口駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
街を知る

高層ビル以前の西新宿 / 淀橋浄水場趾の碑

出典: PHOTOHITO
超高層ビルが林立する都内有数のオフィス街・西新宿。70年代初頭の京王プラザホテル以降、三井ビルや住友ビルほか驚くような高さの建物がどんどん開発され、今のような風景を作り出しています。

それ以前、この一帯にはかつて淀橋浄水場が置かれており、19世紀末からの長きにわたって東京の重要なライフライン機能のひとつがここから提供され続けていたのでした。
出典: フォートラベル
一連の超高層ビルのうちのひとつ、新宿エルタワーのふもとにはこんな碑が置かれていて、今や全く形跡を残していないものの、かつて浄水場がこの辺りにあったことを伝えています。

淀橋浄水場趾の碑

住所
東京都新宿区西新宿1-6 新宿エルタワー西側
最終更新日:2020.5.13
大きな地図で見る

代々木公園にある一戸建。実は‥… / オリンピック記念宿舎

出典: フォートラベル
明治神宮ともども深々として広大な緑空間を形成している代々木公園。噴水、ドッグランの囲いなど、木立に混じり人工物も散らばる中で、敷地の端の方の目立たないところに、意外な家屋が見つかります。
出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
これがその建物。戦後、代々木公園〜国立代々木競技場〜NHK放送センターにかけての広大な土地が、米軍兵とその家族のための宿舎「ワシントンハイツ」として1964年まで利用されており、引き続き同年オリンピック宿舎として利用されたものが、この一戸だけいまだに保存されているのです。

手入れもされているようで、色味の発色といいピカピカです。

オリンピック記念宿舎

住所
東京都渋谷区代々木神園町2-1
電話番号
03-3469-6081
最終更新日:2017.2.28
大きな地図で見る

サンシャイン60の前は、牢獄が / 平和の碑

出典: フォートラベル

まさしく摩天楼といった風の池袋サンシャイン60。展望台に登ったり、ユニークな水族館やプラネタリウムで楽しんだことのある人も多いでしょう。
出典: フォートラベル
またそのすぐ隣には、サンシャインと並行して作られたこんな公園も。実はこのサンシャインと中央公園のある区画は、もともと牢獄が置かれていたところでした。

戦前からあった拘置所が太平洋戦争後に接収され、A級戦犯などを収容する「巣鴨プリズン」となり、日本に主権が戻されたのちも引き続き牢獄だったのです。
出典: フォートラベル
そんな経緯から中央公園の片隅にはこのような慰霊碑が置かれています。さほど目立たない場所にあって、言葉少なにシンプル、かつ情報量も至って少ないのがかえって印象的。死者を弔う心をこんな風にかたちとして後世に伝えています。

平和の碑(巣鴨プリズン跡)

住所
東京都豊島区東池袋3丁目1−6
最終更新日:2020.5.13
大きな地図で見る

時代の記憶がこんなところに

、、、ということで、東京都心でも人の多いエリアながら、人知れず昭和の歩みを残している典型例を見てきました。長年かけて日本も東京もすっかり様変わりしたものの、忘れちゃいけないものがあるのだと、思い起こさせてくれますね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事