ちくわ。 おでかけ情報

パリっとモチモチ。アツアツを召し上がれ!日本初、タイの屋台スイーツ「ロティ」専門店|グータラカフェ

good mornings

公開日 2020年5月24日

まるで揚げたクレープのような生地で、デニッシュのようにサクサクで、見た目はまるでチヂミのような…。唯一無二の「ロティ」は、タイやマレーシアでは定番の鉄板屋台スイーツ。現地ではたっぷりのマーガリンで揚げる、ジャンクで高カロリーなお菓子という印象ですが、グータラカフェのロティはとってもヘルシーに作られています。

飯田橋駅
神楽坂駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
グルメ
神楽坂と飯田橋のちょうど中間あたり。新宿区で一番古い鳥居があるといわれる筑土八幡神社のふもとに、海の家のような南国テイストのお店を発見! そう、ここが日本初のロティ専門店「グーラタカフェ」です。

店先には2つのベンチも完備しています。

店にはお客さんからいただいたというプレゼントがあちらこちらに! 来店客の8割以上がご近所の常連さんという知る人ぞ知る名店。テイクアウトで購入する方が多いお店ですが、いつも笑い声が聞こえる賑やかなお店です。

かわいらしいクッションやイラストは、小さな常連さんからのプレゼント。

「ロティが好きすぎて、お店まで開いてしまいました(笑)」。そう満面の笑みで語ってくれたのは、店長の佐々木藍さん。

22︎年前、タイの屋台ではじめて食べたロティに衝撃を受けて、日本に帰ってからも自宅で細々とロティ作りを研究。やっぱり本場のロティが恋しいと、その後も10回以上はタイを訪れたという生粋のロティマニアです。

パワフルなお人柄の店長、佐々木藍さん。彼女と話したくて来店するファンも多いのです!

「日本にもロティ屋さんができたらいいのに…」そう待ち続けていたものの、一向にできる気配は無し…。ならば自分で出店するしかない! そう決心したという佐々木さん。

早速、現地タイへ出向いてロティ屋台に弟子入りを志願。飛び込みで交渉するも簡単には取り合ってもらえず、何軒も回った末、ようやく作り方を教えてくれるお店に出会えたそうです。そこで1ヶ月、ロティで使う基本的な材料や作り方の知識を習得。それから帰国後、1年ほどかけてようやくグータラオリジナルのロティレシピを完成させました。
小さな頃からアレルギー体質だったという佐々木さん。グルテンフリーや糖質制限、マクロビオティックなど体にいいとされる食事療法で見事体質改善を成功させた彼女のロティは、ジャンクな見た目ながら実はとってもナチュラルです!

生地は、小麦粉をベースに5種類ほどの粉類を調合。現地で学んだ配合をもとに、体に悪い材料は安全なものにひとつずつ置き換えて作られています。

その他にも白砂糖は一切使わずに、甘さはキビ糖や黒糖、ココナッツシュガーで代用。揚げ焼き油は現地で一般的なマーガリンは使わずに、トランス脂肪酸ゼロの精製ココナッツオイルを100%使用。トッピングに使う生のココナッツも漂白剤(亜硫酸塩)一切不使用の無添加ココナッツです。

現地では暑い炎天下のなかでも販売されている屋台スイーツ。そのため、さまざまな添加物を使用していますが、グータラロティは添加物一切不使用です!

注文が入ったら、まずは前日から仕込んだ生の生地を取り出して、ブンブンと振り回しながら薄く薄く伸ばしていきます。それから、少量の油を敷いて具材を包んだら軽く揚げ焼き。

ファストフードのひとつとして思われがちなロティですが、生の生地をその場で揚げ焼きし、アツアツの食感を楽しむ食べ物。そのため、1つの注文につき5〜10分ほど待つのは当たり前。グータラしながら気長な気持ちで待ちましょう♪
まさにジャンクな出で立ちながら、実はとってもヘルシーなグータラ流ロティ。

一番人気は本場に近い味が楽しめる「本場 Thailand roti」。バナナと卵を包んだ生地に、チョコと練乳、ココナッツとバニラアイスがたっぷりと乗っています。口に入れた瞬間、カリっとモチモチしたアツアツの生地に、ひんやりとしたバニラアイスがじゅわりと溶け込む、これぞまさに至極の一皿!

また、近所の小学生たちにはハンディタイプの「お気軽ロティロール」も評判のようです。

ヘルシーなのにどこかジャンクさがやみつきになる「本場 Thailand roti」(¥700)と、中に挟める具材も選べる「お気軽ロティロール」(¥300)。

現在メニューは15種類。タイの屋台でよく見かけるようなスタンダードなロティからちょっと豪華なスイーツ系ロティ、その他にもお食事系のロティもご用意しています。
普段から料理が大好きという佐々木さん。スイーツ系のロティで使うあんこは3時間以上かけて自家製しているご自慢のトッピングで、お食事系ロティの具材である自家製のドライカレーやミートソースも、数十種類のハーブやスパイスを掛け合わせた独自のレシピで作られています。

ほうれん草にチーズ、自家製ミートソース、ペッパーを合わせた「ポパイ」(¥600)

また、1日20食限定で「ロティと玄米のスペシャルカレーセット」も販売。お野菜たっぷりの自家製カレーは週代わりで楽しんでいただけますよ。

玄米ごはんにロティも楽しめるボリューム満点のカレーセット(¥600)

コロナ感染予防対策として、現在お店ではお客様同士の待ち時間をできる限りずらせるように、お電話やSNSのメッセージでご予約も受け付けています。

ジャンクでヘルシーな新感覚の南国スイーツ。ひとくち口にすれば、気分はもう南国気分! stay home weekの気分転換に、ぜひいかがでしょうか。


(文・北居る奈)
(写真・佐々木孝憲)

グータラ カフェ

住所
東京都新宿区筑土八幡町2-1
電話番号
03-5656-5647
営業時間
[火~木] 11:30~18:30 [土] 12:00~18:00
定休日
日曜・月曜・金曜
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2020.8.9
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。