ちくわ。 おでかけ情報

悠々と鳥たわむれる「東京港野鳥公園」で充実のバードウォッチングを

good mornings

公開日 2020年8月10日

大田区東海にあるこの公園では、広い敷地に野鳥がたくさん。アオサギやカモ類など、周囲とは隔絶された緑の中その姿を存分に堪能することができます。

流通センター駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング

およそ25万㎡の敷地には、様々な鳥たちの姿

出典: フォートラベル
大田区の海側の方、羽田空港と浜松町を結ぶ東京モノレールが走るエリアは基本的には大きな倉庫や工場がたくさん並ぶ一帯が続きます。

でもところどころ埋め立てによってできた海上公園もあって、これが意外とレジャー向き。東京港野鳥公園もそのひとつで、東園・西園あわせて25万㎡もの広大な敷地に年間でおよそ120種類ほどの野鳥にお目にかかることができます。
出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
コサギ。メジロ。ホオジロ。キジバト。アオサギ、カワウなどなどその種類は実にいろいろ。

水辺に遊ぶ鳥から山野にたたずむ鳥、大きい鳥から小さな鳥、季節によっても様々な姿かたちを見せる彼らの生物多様性を、その目でしかとキャッチしてみて。
出典: フォートラベル
またバードウォッチング では双眼鏡があれば細かな仕草、体色などもよくわかり鳥がずっと身近に感じられるはず。本格的に楽しみたいならぜひ持ち合わせておきたいところです。

レンジャーさん常駐のネイチャーセンターほか諸施設あり

出典: フォートラベル
広い敷地内には例えばこんな観察広場もあって、これは向こう側の淡水池に飛来する鳥たちを覗き窓のような穴からひっそり見つめられる、というもの。デリケートな鳥たちを極力刺激しないようにしつつ観察できます。備え付けの望遠鏡も。

このほか山野の鳥を観察するための「観察小屋」も、園内に計4つあります。
出典: フォートラベル
そこら中に常にいるわけではない以上「鳴かぬなら 鳴くまで待とう」作戦が必要なこともしょっちゅう。ですがそんなあせらずゆったりしたひとときもまたバードウォッチングの醍醐味でしょう。
出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
そしてこの公園で何より頼れるのは、野鳥に詳しいレンジャーさんも常駐する「ネイチャーセンター」の存在。

3階観察ロビーには備え付けの望遠鏡もありガラス張りの窓から遠方を見渡したり、それに図書コーナーで図鑑を参照することもできたりと、多機能なのです。
出典: フォートラベル
ちなみにこの広い公園内には田んぼや畑のある「自然生態園」、ピクニックにもよい「芝生広場」など、鳥とは無関係に楽しめるスペースも。だから、こういうところでのびのびしてみるついでに鳥でも、ぐらいの軽い気分で訪れるのもじゅうぶんアリです。
出典: フォートラベル

意外な立地の、鳥の楽園

東京港エリアとひとくちに言っても意外に多様性があって、倉庫・工場のような「はたらく系」の建物に限らず、実はここで紹介したようなレジャー向きの公園もそこそこあります。バードウォッチングしに港の方へ、だなんてちょっと不思議な響きではありますね。

東京港野鳥公園

住所
東京都大田区東海3-1
電話番号
03-3799-5031
最終更新日:2020.7.27
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。