ちくわ。 おでかけ情報

お肉好きのための、ふんわりとろけるハンバーガー

好きな食べ物を持って外へ出る。それだけで、いつもとちょっとちがう時間。今日はこれからもっと良い日にできる。(2016年3月発行「FREE AWAJI BOOK 8890」No.13より)

公開日 2017年12月17日

カテゴリ
デート
子供と一緒
友達と一緒
グルメ
街を知る
エリア
神保町駅
ライター
FREE AWAJI BOOK
お肉好きのための、ふんわりとろけるハンバーガー

“ハンバーガーはジャンクフード”なんて考えはひと昔前の話。2015年7月にオープンした「BURGERS CAFE GRILL FUKUYOSHI」は、食材にこだわるグルメバーガーのお店。安心安全な食材を使っているので、若い世代だけでなくお年寄りやファミリーにも人気。まだオープンして半年ながら、神保町の街に馴染んでいる。広報担当の會田優さんも「毎日ハンバーガー注文してくださる方や、立ち話に寄ってくださる方もいて、触れ合いが楽しい」と話す。

「江戸っ子気質な人柄もいい」と街の魅力を話す會田さん。

店の自慢は「黒毛和牛のとろけるハンバーガー」。主役はビーフ100%のパティだ。旨味のある国産牛の赤身と黒毛和牛の脂身をミックスしたパティは、重さ150gとボリューム満点。秘密の製法でふわっふわに仕上げてあるので、とろけるような食感に感動する。甘味のあるバンズや自家製トマトソースもお肉の旨味を引き立たせる名脇役。たっぷりサンドされた野菜は、毎日契約農家から届く新鮮なもので、ランチタイムにはこの野菜のサラダもセットに。おもしろいのが、トッピングのラインナップ。エッグなどスタンダードなものから、ズワイガニにブルーチーズ、キャビアまで! 自分好みの組み合わせを探すのも楽しそうだ。

パティとして使用するのは国産牛100%のハンバーグ。ハンバーガーなのに「お肉を食べた!」という満足感でいっぱいに。

しかし、かなり高さのあるハンバーガー…どうやって食べたらいいの?と會田さんに聞いてみると「パティのふわふわ感をぜひ味わって欲しいので、できれば押し潰さずに。バンズと野菜、パティと野菜など、少しずつ食べ進めてください」とのこと。ちょっと大きいけれど、ナイフやフォークを使うより、ここはやっぱりガブリとかぶりつきたい。また、メニューは一人分からデリバリー可能といううれしいサービスも。たとえばピクニック会場に熱々のハンバーガーを持ってきてもらう、なんてこともできるのだ。

実は大学時代からこの地域に12年間住んでいるという會田さん。居心地が良すぎて離れられないのだそう。「この街はすごい優しんです。私が風邪を引いたら飲み物を持ってきてくれたり、食事の心配をしてくれたり。神田祭の時もみんな参加するので応援に行きます。この店も地域密着型にしたかったので、神保町という場所はぴったり。今後は店のブログで街情報を発信したり、もっともっと地域を関わっていけたら」と會田さん。黒毛和牛のハンバーガーが、いつかこの街のソウルフードになったりして。

お店はお茶の水小学校のそば。ゆっくりくつろげる2階席もある。

BURGERS CAFE GRILL FUKUYOSHI(バーガーズカフェ グリル フクヨシ)

住所
東京都千代田区猿楽町1-3-4 島崎ビル 1F
電話番号
03-5244-5737
営業時間
[月~金・土] 11:00~22:00 (L.O.21:00) [日] 11:00~21:00 (L.O.20:00)
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.4.4
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事