ちくわ。 おでかけ情報

自然を愛する人は、御神輿だって担ぐ<パタゴニア 東京・神田>

檜書店を右に曲がった路地にある黄色い建物。ここが「パタゴニア 東京・神田」だ。「“同じ機能を発揮できるなら、環境への負荷ができるだけ小さい方法で製品を作る”というのがブランドのモットー。メンズ、ウィメンズからキッズまで、山登りや季節のスポーツアイテムがそろう神田ストアには、平日は周辺で仕事をする会社員、週末には家族連れのお客さんも足を運ぶ。

公開日 2017年1月3日

カテゴリ
一人で
体験・ショッピング
街を知る
エリア
神田駅
小川町駅
ライター
FREE AWAJI BOOK
自然を愛する人は、御神輿だって担ぐ<パタゴニア 東京・神田>

わざわざ来てもらう店にしたい。

檜書店を右に曲がった路地にある黄色い建物。ここが「パタゴニア 東京・神田」だ。

「“同じ機能を発揮できるなら、環境への負荷ができるだけ小さい方法で製品を作る”というのがブランドのモットー。このお店も既存の建物を利用しているので、相当古いはずです。こんな裏路地にあるのも、わざわざここに来てもらえるお店にするようにという創業者の考えなんです」柔らかい笑顔で教えてくれたのはスタッフの水戸真澄さん。
メンズ、ウィメンズからキッズまで、山登りや季節のスポーツアイテムがそろう神田ストアには、平日は周辺で仕事をする会社員、週末には家族連れのお客さんも足を運ぶ。

コアな趣味人が集まる神田という土地柄。

また神田という場所柄、かなりコアなお客さんも多いらしい。「特におじさまなのですが、自分のジャンルを極めていらっしゃって。それぞれ得意分野を持つスタッフが聞いても、驚くようなお話が出てきます。神田って楽器や古本など専門性が強いお店が多いから、“趣味人”が集まるんですよね。何も買わないけど“最近どこ釣り行ったの?”みたいな世間話をしにくる方もいて、勉強になります(笑)」

ローカルな絆を作って、この街を一緒に盛り上げたい。

お店がオープンしたのは2000年だが従来からスポーツ店が立ち並ぶこのエリア。もともとスキー用品を扱う店が多かったが、ここ最近のブームを受けて山登りアイテムを扱う店も増えてきた。そんなこの街を一緒に盛り上げたいという想いで、パタゴニアスタッフは周囲を巻き込む作戦を実行中。
「近隣のスポーツ店のスタッフさんをうちのストアイベントに誘ったり、太田姫稲荷神社例大祭で町会の御神輿を担いだり。あと今、この辺りのエリアマップを作ろうとうちのスタッフが営業に回ってて(笑)。お客様に他のスポーツ店を案内することもあります。自然を愛して、山に登ったり海で遊んだりする人が集まる街なので、まずは私たちが仲良くなってローカルの絆を強めたい。それが神田を飛び越えて、自然が楽しめる地球を守っていくということに繋がればいいなと思います」

パタゴニア東京・神田店

住所
東京都千代田区神田小川町2-3-18露木第2ビル
電話番号
03-3518-0571
営業時間
11:00~20:00、土日祝11:00~19:00
定休日
年末年始
最終更新日:2017.4.21
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事