【重要】ちくわ。サービス終了のお知らせ(2021年10月4日)

ちくわ。 おでかけ情報

もらうトロフィーから、あげるトロフィーへ。品数・種類も豊富な「立川徽章」

good mornings

公開日 2021年1月30日

メダルやバッジ、楯などを扱う徽章(きしょう)店。といってもどこにお願いするとよさそうなのか? 個性もいまひとつわかりづらいし……。そんな人は立川で半世紀近く続くこちらのお店をチェックしてみるとよさそうです。

立川駅
柴崎体育館駅
カテゴリ
一人で
体験・ショッピング
徽章(きしょう)を扱うお店というと、一般的に似たり寄ったりで没個性的なイメージが強いのかも? ところが立川の駅からモノレールですぐのところにあるここ株式会社立川徽章は、店頭ギャラリーからも察せられるように、雰囲気的にちょっと違うのです。

表彰、というと大勢の人が見守る中でとり行われるセレモニーなどが典型的ですが、そういった場合に限らず、もっと身近にもっと気兼ねなく様々なシーンで「いいね」や「すごいね」をカタチにして伝える、そういうモノとしてのトロフィーを打ち出しているのが同社です。
『トロフィー生活』というそのブランドネーミングも、ごく限られた人だけが「もらう」のではなく、むしろ誰もがそれを「あげる」側にまわることがあるぐらいトロフィー贈呈が文化として世に普及した未来を目指しているからこそ。

自社オリジナルからメーカー各社のものまで、業界的にも有数の規模で商品展開がなされていて、社内表彰を筆頭にゴルフのコンペや企業対抗eスポーツ大会などの機会に各種トロフィーが制作・納品されています。

自社デザインアイテムの一例

クリスタル製のもの、それもカットを工夫してキラキラ具合に変化をつけたものだとか、背中側に金銀の箔や各色印刷の施されたクリスタルトロフィーもあって、こういったものがトロフィー界の今のモード。既存の型を参考に新たにデザインから起こすフルオーダーも可能です。

なおトロフィー同様クリスタル製のメモリアルフォトフレームもあって、結婚など各種お祝いシーンを意識したものなのですが、なるほど確かにこういったシーンもまたコングラチュレーション!な機会といえます。

プリズム効果が起こる国内最高級クリスタルのものも

国内では全トロフィーメーカーと取引しているだけでなく、海外でもフェラーリやモエ・エ・シャンドンといった世界的有名ブランドの表彰品も手がけるイタリアの工房との間で、対日本取引を一手に引き受けているのも大きな強みです。

現地職人による伝統とセンスに根ざしたその仕上がりは、格式を感じさせる存在感といい、まさしくとっておき。
ラインナップの充実ぶりが目立つ立川徽章ですが、その品揃えに比例して(?)トロフィーに傾ける気持ちの部分でも実は熱いようであることが、トロフィー生活のブランド名をそのまま冠した自社ブログからも判ります。
時には地元立川ネタ、あるいは取引先のあるイタリアネタにも寄り道しつつ、トロフィーをめぐるトリビアや歴史上の人物のエピソードを引き合いに「褒める」を考察する記事がリンク先の通り、いっぱいです。ニッチな分野なだけになかなか興味深いばかりか、社としての人となりも見えてきて、製作依頼先としてなお信頼が置けるというものでしょう。

ファクトリー施設では一連のプロダクションから出荷まで

レーザー彫刻で名入れなど。水平を正確に保ちながら

一枚紙を挟んだ上からレーザーを照射

トロフィー以外でもメダルやピンバッジ、手首に装着するシリコンバンド等々の各種徽章アイテムの取り揃えはやはり層が厚いようで、ジャンルごとに発注用サイトが設けられているほどです。今後もeスポーツに特化した関連グッズを閲覧・購入できるサイトを立ち上げる予定なのだとか。

実用品も喜ばれるには違いない。けれど、褒め称えたいその気持ちをあえて象徴的なモノに託して贈るというのも、ひとつの贅沢で美しいチョイスかと思うのですが、いかがでしょう。
(文:古谷大典)
(写真:小島沙緒理)

立川徽章

住所
東京都立川市錦町5-19-4
電話番号
042-525-3951
最終更新日:2021.1.18
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。