ちくわ。 おでかけ情報

本が好きなら立ち寄りたい♪ 国分寺駅周辺でおすすめの書店&古書店 9選

ちくわ。編集部

公開日 2021年5月15日

今回は本好きな人におすすめの、国分寺駅周辺にある書店や古書店を9選ご紹介します。お店によって世界観はさまざまで、その書店ならではの本に出会えるのが魅力。レトロなマンションの半地下にあるお店や、雑貨やコーヒーなども手に入るお店、喫茶店に併設のお店など、ふらっと立ち寄りたくなる魅力的なお店をご紹介します。

国分寺駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング

充実のラインナップ&特設コーナーも楽しめる「紀伊國屋書店 国分寺店」

「紀伊國屋書店 国分寺店」は、国分寺駅から徒歩1分「セレオ国分寺」の8階にある書店です。
出典: フォートラベル

雑誌や文庫、コミックなどを主力に、和書や洋書、専門書、和雑誌なども取り扱っています。図書カードや紀伊國屋書店ギフトカードなどもあるので、プレゼント選びにも良いでしょう。
その時々で登場する、期間限定の特設コーナーも楽しみのひとつです。また、児童書コーナーが充実しているので、お子様と一緒のお出かけにもおすすめですよ。

紀伊國屋書店 国分寺店

住所
東京都国分寺市南町3-20-3 セレオ国分寺8F
電話番号
042-325-3991
営業時間
10:00〜20:00
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

個性的な本との出会いを楽しむ「ヴィレッジヴァンガード セレオ国分寺店」

「ヴィレッジヴァンガード セレオ国分寺店」も同じく「セレオ国分寺」内、こちらは5階にあるお店です。本だけでなく、さまざまな雑貨も扱っていて、バラエティに富んだ品ぞろえが特徴。
こちらのお店では、サブカルチャーなどにまつわる個性的な本が充実しています。普段なら手に取らない、日常に刺激を与えてくれる一冊に出会えることも。ジャンルを問わず、本との一期一会の出会いを楽しむのもおすすめです。

ヴィレッジヴァンガード セレオ国分寺店

住所
東京都国分寺市南町3-20-3 セレオ国分寺5F
電話番号
042-359-4851
営業時間
10:00~20:30
定休日
未定
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

地元で親しまれる街の書店「三石堂書店 本店」

「三石堂書店 本店」は、国分寺駅の南口から徒歩1分のところにあるお店です。地元で長く親しまれている街の書店で、本のカバーをかけるテクニックにも定評があります。コミックスやレシピ本、雑誌などのほか、地域にちなんだ本に出会えることも。ディスプレイにも工夫が見られ、手作りのPOPなどからは、本の紹介に対する真心が感じられます。

三石堂書店 本店

住所
東京都国分寺市南町3-18-17
電話番号
042-321-0969
営業時間
不定期
定休日
不定期
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

中古本の買取&食品なども扱うユニークなお店「ブックセンターいとう 国分寺店」

「ブックセンターいとう 国分寺店」は、国分寺駅の南口から徒歩5分、殿ヶ谷戸公園のそばにある書店です。1975年に創立した歴史ある新古書チェーン店で、関東エリアに複数店舗を展開しています。
こちらでは、中古本や中古コミックの買取も行っています。また、本のほかにCDやDVD、ゲーム、食品なども扱っており、DVDやCD、トレーディングカードやフィギュア、お酒などの買取や販売も行っているユニークなスタイルです。総合リサイクルストアとして、本はもちろん、様々な商品との出会いを楽しめますよ。

ブックセンターいとう 国分寺店

住所
東京都国分寺市南町2-14
電話番号
042-327-8968
営業時間
10:00~20:00
定休日
年中無休
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

レトロマンションの半地下にある古書店「古書 まどそら堂」

国分寺駅の南口から徒歩2分の「古書 まどそら堂」は、1969年に誕生した国分寺最古のレトロマンションの半地下「アンティーク・アヴェニュー」にある書店。空色の扉がかわいらしい外観の、こぢんまりとした古書店です。
”何だかおもしろい、何だかカワイイ”をコンセプトに、絵本やサブカルチャー、SF、ミステリー、旅もの、文学、ヴィンテージコミックス、アート図録、写真集など、さまざまなジャンルの本を取り扱っています。
カジュアルでユニークな本がメインなので、気負わず楽しめるところも魅力。洋書の絵本などもあり、かわいらしい雰囲気の本が欲しい人にもおすすめです。

古書 まどそら堂

住所
東京都国分寺市南町2丁目18−3 国分寺マンションB-07B
営業時間
13:00〜19:00(週末は時間延長あり)
定休日
火曜定休
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

ジャンル豊富&価格帯も幅広い古書店「七七舎(しちしちしゃ)」

「七七舎(しちしちしゃ)」は、国分寺駅の北口から徒歩5分のところにある古書店です。古書は販売だけでなく、買取もしています。
リーズナブルな本から高価な本まで、さまざまなジャンルの古書が並んでいて、小説やエッセイ、詩集、歴史や宗教学などの専門的な本も多数。時には「古本屋で聴く話芸 参加費1,000円」などのイベントが開催されることもあります。店頭ではコーヒーのドリップパックも販売しているので、おうちでの読書のお供に買って帰るのも良いですね。

七七舎(しちしちしゃ)

住所
東京都国分寺市本町3-11-16
電話番号
042-359-0830
営業時間
11:00〜22:00
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

手持ちの蔵書を元に生まれたお店「雲波(うんぱ)」

国分寺駅の北口から徒歩7分の「雲波(うんぱ)」は、図書館員だったご夫婦が2014年にオープンした古書店です。ご夫婦が好きで集めていた蔵書を、実家をリフォームして並べたところからスタートしたのだそう。
純文学や映画にまつわる本、サブカルチャー、思想系など、多彩な本が揃っています。絵本や児童書もたくさんあるので、お子様と一緒に訪れるのもおすすめですよ。

雲波(うんぱ)

住所
東京都国分寺市本多1-1-17
電話番号
042-321-2258
営業時間
12:30〜19:00
定休日
火・水・木曜日(祝日の場合は開店)
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

新刊も扱っている古書店「早春書店」

「早春書店」には、国分寺駅の北口から徒歩約4分で到着です。2019年の3月にオープンした古書店で、古書以外にも新刊やZINE(個人が作った少部数の出版物)などを取り扱っています。入口の外にも本棚があり、気軽に本を探しに行ける雰囲気のお店です。
人文書や社会学、実用書、音楽や美術などの芸術書、サブカルチャー、漫画、映画、絵本など、取り扱う本のジャンルも豊富。店頭では本の買取も行っていますよ。

早春書店

住所
東京都国分寺市本町2-22-5
電話番号
042-407-8945
営業時間
12時~20時
定休日
月曜
最終更新日:2021.1.25
大きな地図で見る

喫茶店に併設された書店「胡桃堂喫茶店」

国分寺駅から徒歩5分のところにあるのは、書店を併設している「胡桃堂喫茶店」。店内には新刊や古書、地域の人々が出品した読み継がれて欲しい本が並び、おしゃべりをしながら本が読めて、もちろん購入も可能です。
出典: 食べログ

出品された本には、メッセージが添えられていることも。短歌の同人誌や詩集、フィンランドの絵本など、味わい深い本がいろいろありますよ。また、参加者がおすすめの本を紹介する「朝のもちよりブックス(1時間45分/ワンドリンク付き) 参加費500円」も開催されています。
出典: 食べログ

喫茶メニューは、日本茶や台湾茶、紅茶、コーヒーなどのドリンクの種類が豊富。自家製シロップの「生姜サイダー 700円」といった、こちらのお店ならではのメニューもありますよ。クルミのカリカリ食感が楽しめる「胡桃と自家製あんこのケーキ 550円」などのスイーツも一緒に、読書をゆっくり楽しんでくださいね。
出典: 食べログ

胡桃堂喫茶店

住所
東京都国分寺市本町2-17-3
電話番号
042-401-0433
営業時間
11:00 - 19:00(L.O.18:30)
定休日
木曜日
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.6.14
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

行ってみるとわかる書店の魅力

今回ピックアップした国分寺の書店&古書店は、普段あまり本を読まない人にもおすすめしたいお店です。書店自体の雰囲気をまずは感じて、気になった本を手に取ってみましょう。1冊の本から、新しい世界が広がるかもしれませんよ。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事