ちくわ。 おでかけ情報

スプーン1本からでもあやかりたい。「ユニオン」に満ちるかぐわしの珈琲浪漫

good mornings

公開日 2021年4月17日

かっぱ橋道具街には、自宅で楽しむコーヒータイムを底上げできるグッズのお店もまたあります。昭和の昔には全盛だったあのムードを、あの落ち着きを、自宅に取り入れてはみたくはありませんか。

浅草駅
田原町駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
さすがはプロ御用達という感じで、調理をめぐるアイテムならばその一切が揃う安定のかっぱ橋。コーヒー関連のアイテムを探すときでも、ここユニオンがあるから心強い限りです。

東京ではじめてのオリンピックを二年後に控えた昭和37(1962)年、まさに戦後昭和のど真ん中に創業された喫茶・厨房器具の総合商社ユニオン。まちを南北に横切る「かっぱ橋道具街通り」、東西に横切る「かっぱ橋本通り」が交わるという、なんともダブルカッパな交差点の角地にその店はあります。
コーヒーだからブラジル、なんて連想がない訳ではないですが、アマゾンの熱帯雨林のごとくてっぺんから足元までを商品という商品が所狭しと生茂る、いえ並ぶ店内。幾星霜を経て壁にも床にもたっぷり染み付いたと思しきコーヒーの香りに、気分もおのずと乗ってしまい。

かくして、この店頭へとたどり着いたあかつきには、喫茶空間のムードを夢見ずには、何かちょっとでも買って自宅にこの空気を持ち込めたらと夢想せずにはいられなくなるのです。

カップ100杯分が作れる大型水出し器(中央)

ポットがあり、ミルがあり(かのプジョー社製。車より先にコーヒーミルが製造されていたというこの事実。)、カップ&ソーサーがあり、カトラリー類があり。それぞれに選択肢も多くさて何にしようかどうしようかと、悩ましくも楽しい買い物時間がふいに脊髄反射のごとく始まってしまいます。
       
ひときわ大きな水出し器があるかと思うとこれは100杯分もの水出しコーヒーが作れるという代物(非売品)で、喫茶店全盛の頃にはよく見られたディスプレイなのだとか。店前など店内の目立つ場所にドンと置かれ、蛇管(じゃかん)をくるくるとめぐったその先から一滴、また一滴とドリップを滴らせていたそうです。

令和も三年目の今、ユニオン営業部の鈴木さんいわく「あえてドリップで飲みたいと来店する人は昔に比べ本当に多くなった」とのことで、自宅ですする一杯をよりおいしく、より雰囲気ある感じで、と志向する好事家達にとってこのお店は他のどこにも増して強い味方なのです。

農夫を描いた銅板。オリジナル商品

ソムリエナイフなどバー関連、またパスタ関連道具も

1階を見て廻るだけで既にお腹いっぱい夢を見ることができるからか、その上階へと足を踏み入れる人はかなり少ないもよう。しかしながらそこでもまためくるめく景色が待ち受けています。

2階には大窓に面した棚上にカップ&ソーサーがずらり。その多くが一点ものばかりで、ふいに「MADE IN U.S.S.R.」と今はなきソビエト連邦製のものが見つかるあたりがさすがの老舗。器のシルエット越しに交差点の景色が広がり清々しさを覚えるのは3階(様々なグラス類が陳列)でも同様です。
ユニオンの先代社長がその名付け親になったと目される「イカ瓶」「タコ瓶」なるものもここにはあって、これはコーヒー豆をその中に詰めて卓上にて飾られていたというディスプレイ用品です。好物の乾物など入れて保存するのもよさそう。

左から、イカ瓶・タコ瓶

さらにその上、4階には先代の社長が趣味で集めたという、サイズとしても大きい骨董的なブツ(よって非売品)が多数を占める空間へ。1階のどでかい水出し器といい非売品もちょこちょこと見かけるユニオンですが、もうこの階までくれば事実上、博物館です。

生産時期が少なくとも20世紀初頭にさかのぼる、まるで農耕器具のような英国製コーヒーミル。分銅で量る大きな天秤。在りし日の喫茶店ではおなじみだったドアベル。地球上でコーヒーが栽培される地域の帯「コーヒーベルト」を図解したプレート。それぞれにムードを放っています。
と、このようなユニオンですが丁度10年前からは合羽橋本通りを挟んですぐお隣の角地にて、自家焙煎豆・紅茶・中国茶を販売する専門店も別途設けられており、これがさらにも増して芳香漂う店内になっています。コーヒー豆はシングルオリジン、ブレンドあわせて50種類以上で、生豆での販売も可。

軒先ののぼりには「世界のコーヒー」の文言が高らかに躍っています。
(文:古谷大典)
(写真:小島沙緒理)

ユニオン

住所
東京都台東区西浅草2-22-6
電話番号
03-3842-4041
営業時間
9:00~18:00(日祝は10:00~17:00)
最終更新日:2021.3.16
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。