ちくわ。 おでかけ情報

店内タワーには空を埋め尽くす星々みたいなクッキー抜き型 | 馬嶋屋菓子道具店

good mornings

公開日 2021年4月3日

かっぱ橋道具街でも屈指の「魅せる」ディスプレイのお店。目の前に背高くスケール大きく陳列される約三千ものクッキー抜き型、またその向こうでは上下のフロアの様子もちらついて、探索欲をいたく刺激します。

浅草駅
田原町駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
プロユース前提の調理器具・料理関連の道具店が立ち並ぶかっぱ橋。東に浅草、西に上野の台東二大タウンのはざまにあって、それら街へのお出かけついでに立ち寄っては何かしら自分のニーズにあうモノが見つかる、そんな宝探し的充実感が界隈にはあります。

お店をこれからはじめようとする人がキッチンサプライ一式を取り揃えるとか、この商店街が想定する本来的な用途はあくまで実務的。商品の陳列もただストレートにモノが並び、それら一つ一つに値札シールがペタッとついていて、というのが普通です。それなだけにおととし10月、装いも新たに生まれ変わったこの馬嶋屋菓子道具店のディスプレイは異色でことのほか目を引きます。
横幅と比べ、手前から向こうまでの奥行きの方が長い長方形のビルの中を、渋谷の東急ハンズみたいなスキップフロア、つまり手前から奥へ、奥から手前へと階段が行き来しながら半階ごとにフロアが設けられていて、あちらこちらへキョロキョロと目移りさせる度にどんどん世界が開けていくかのようなワクワク感があるのです。
ひとたび足を踏み入れたら店内全てを見て回らないことには気が済まない。そんな思いに駆られる大きな要因がココの「クッキータワー」。手前側と奥側をフロアに、右側と左側を階段によってそれぞれ囲まれるかたちで、店の中央にどっしりかつきらびやかに陣取っています。

ナッツを両脇に抱えた格好で焼き上がる「ハグベア」

地下から仰ぎ見る。ビルの天井窓までが筒抜け

金網が張りめぐらされただけの四側面のすべてに合計1,500近い種類のクッキーの抜き型が取り付けられていて、展示用のものも含めればその数はおよそ3,000にも。ひとつの銀河系がここにあります。

タワーにぶら下がるこれらの中から欲しいものが見つかったなら階段を挟んで逆側、そのタグについた番号と同じ数字のケースを開けて在庫を手に入れる仕組み。馬嶋屋オリジナルの抜き型には一点ものも多く、早い者勝ちです。
星、ハート、動物のようなスタンダード系は当然として、ファンシーはファンシーでもレモンとかパイナップル、桜の花びらのようなありそうで実は無い型も。猫ひとつとっても背伸びする猫とかすり寄る猫とか、挙動ごとにさまざま。

意外さはさらに進んで山梨、静岡、栃木、和歌山といった県の形。忍者の携行道具・くない。写楽の浮世絵。今年の干支にちなんだ「丑(うし)」、あるいは鬼滅ブームを反映したのであろう「滅」といった漢字一文字系も。見渡せば見渡すほど、意外性あるメンツが次々と見つかります。

驚くなかれ、なんと戦車まで

創作のお手本も。こんなアイシングクッキーにだって

と、こんなクッキータワーに思わず魅了される建物内では「あの抜き型おもしろい」「この抜き型かわいい」を繰り返すうちに自然とフロアを一つや二つ、それと気づかずに移動しているはずですが、この建物内を上から下へ通しで巡ってみるとそれはおよそ次のような具合です。

2.5階および2階には、製菓道具&製菓機器類。泡立て器から転写シートまで洋菓子やパンを作るのに必要なグッズの数々です。ハンドミキサーもいかにもプロ&セミプロ勢が買い求めそうな大型かつ本格的なものだったり。
下って1.5階には和菓子道具。練り切りの飾りに用いる型、まんじゅうやどら焼きのてっぺんに押す焼印など、花鳥風月をモチーフにしたものが色々です。

キャッシャーの壁に、馬嶋屋70年の歴史がにじむ物が沢山

焼印。芸が細やかな和のてしごと

フロアの一角にはパン型も。ステイホームでクッキング需要が増えましたが食パンづくりとてやはり同じ。かの名店・ペリカンがほど近いこの界隈、ホテルブレッド的なパンの自作を志す人が立ち寄るべき場所もまたかっぱ橋・馬嶋屋にあります。

食パン以外にも、コロネや丸パンほか多数あり

続いて1階が洋菓子型のコーナーになっていて、クッキー以外の、シフォンケーキやマドレーヌ、カヌレなどの型がいろいろ。特にシフォンでは「スタイリッシュシフォン型」なるフタつきのオリジナル型もあって、味もよりしっとりおいしくしてくれるのだとか。
代わって地下0.5階は赤一色。イタリアのメーカー「シリコマート」の商品ばかりで占められていて、オーブンOK、電子レンジOK、冷やし型としてもOKな汎用性高い耐熱シリコンゴム型を中心に、300種類もあろうかという規模で並んでいます。
そうして最下層の地下1階。週一ペースで開催のワークショップが開かれる、ラボスペースになっています。

小さなパイプを用いて曲線をつけるなど

またフロアの片隅にはちょっとしたアウトレット品コーナーもあるので、意外な掘り出し物など潜んでいないか目を通しておきたいところ。

タワーを構成するクッキー型も含め、かねてからこれら全ての在庫をオンライン含め取り扱っていた馬嶋屋ですが、こうして一年半前からはこちらの気持ちが先走るような、欲張りして見て廻りたくなるお店へと変貌しています。

今欲しいのはコレ、とあらかじめカチッと定まってはいない人であっても、モヤモヤと抱えるそのアイディアとやる気にインスピレーションの火を付けてくれそうです。
(文:古谷大典)
(写真:小島沙緒理)

馬嶋屋菓子道具店

住所
東京都台東区西浅草2−5−4
電話番号
03-3844-3850
営業時間
9:30~17:30(日曜は10:00~17:00)
定休日
祝日
最終更新日:2021.3.16
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。