ちくわ。 おでかけ情報

食卓を彩るばかりか、気兼ねなくパクつけます。立川「あみちゃんファーム」のエディブルフラワー

good mornings

公開日 2021年5月15日

エディブルフラワー(食用花。しょくようばな)というと、愛知県豊橋産が有名。目下二軒のみとわずかながら実は都内でも生産されていて、立川駅から2キロのあみちゃんファームでもこれを栽培、一般向けのオンライン通販やレストラン向けの販売が行われています。

立川駅
国立駅
カテゴリ
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ
噛んだ先からほとばしるみずみずしさというのもあるけれど、もぎたてのキュウリでもトマトでも、原色野菜をドレッシングなしでそのまま味わう心地の爽やかさよ。喉元過ぎて胃袋が色の力強さをまるまる受け止めれば、空も大地も自分の一部です。

花も、見つめて・香ってそれでおしまい、ではなく噛んで呑み込む大胆な接し方ができます。食用に育てられた花・エディブルフラワーならば。
世がバブルに浮かれた80年代後期、ホテルのレストランのようなめかしこんで出かける外食の席を盛大に飾ったエディブルフラワー。その後長らく続いた冬の時代を経て、近年またふたたび注目を集めつつあります。

全国に出回る量の9割を占める愛知県豊橋以外に、例えば東京でも立川・清瀬の2軒にて生産が行われその前者が、網野信一さんが家族で営む株式会社あみちゃんファーム。デリケートかつ鮮度が命なものだけに、都心部での需要に応えやすい立地も強みです。
なす、じゃがいも、トマト、大根、ねぎ、にんじん、ケールその他、野菜全般を幅広く栽培するかたわら、大学機関との提携で「低カリウム野菜」も作る網野さん一家。これは腎臓病・心臓病・透析患者など、カリウム摂取量に制限が設けられている人向けに病院食の食材などで用いられています。

そこに加えてもうひとつ、ユニークにしてキャッチーな作物がエディブルフラワー。パッションフルーツみたいに特定の品種を指すのかと思いきや、そうではなく。花の種類自体はいずれもなじみあるもので、色も形も意外なまでに多様です。
プリムラありマーガレットありナデシコありバーベナあり、その他にもたくさん。品種として単純分類すれば20種ほどを数え、これらが一重咲き・八重咲き・フリル咲きといった花弁のつき方、また色の種類や濃淡といったバリエーションを伴いハウス内はさながら百花繚乱の趣。全て無農薬です。

常に15度以上の暖かさが保たれるこの室内では、本来的には夏に開花する品種も冬時期に咲かせられるため、年を通じてラインナップはほぼ同一。クリスマスシーズンを筆頭に、その時々でやってくる出荷のピークを見越しつつ、現場は営まれています。
食べられる花、とは言ってもそれは濃く味わい深い類のものではなく、強いて言うならやさしい植物味。かすかな風味が感じられる程度のものです。

一部にはナスタチウムのような、噛む回数を重ねるうちに大根に似た辛みが出てくるものもあり、他にはベゴニアのようなほどよい酸味を出すものも。紫や赤い色をした花はブルーベリーと同じでアントシアニンが豊富に含まれています。

またビオラやパンジーだと、茎の部分をかじりハーブのような清涼感がたちのぼればそれが健康に育った証なのだとか。好ましくない環境にさらされストレスがかかるとこれがエグ味に変わるというから、これも一種の花のキモチ、なのでしょうか。
花は手摘みで収穫されたのち、花粉をピンセット、汚れをハケを使い取り除いた上でパックに封入。ひとパックあたり20輪前後にてオンライン販売されています(税込1,058円)。

ファームおまかせにより品種を固定せず色数豊かにアソートされるのが基本であるものの、この色を多めに、といった多少のカスタマイズも可能です。
代々この土地で農業を営んできた網野さんは、エディブルフラワーの栽培に取り組み出してただいま6年目。食品安全や環境保全といった取り組みをめぐるGAP(Good Agricultural Practices)認証も国や都が個々に定めるものをそれぞれ取得の上、食べられる花の存在、それも東京生まれのものがあるということを、親子で収穫する体験イベントや専門学校での授業等を通じ、広めようと努めています。

水耕栽培される低カリウム野菜は7~8種類

バブル時のブームのような花びらてんこ盛りスタイルでもなく、スマホで撮影したくなる視覚的アピールにとどまるでもなく、創作意欲旺盛な一流シェフ達はいま、花が持つ味や香りをメインに据えた料理を開発しようと、品種選びの段階から試行錯誤を重ねている最中にあるようです。

花が食の分野で活躍できる領域が果たしてどんな風に広がりゆくのか、今後の発展が注目されます。


(文:古谷大典)
(写真:小島沙緒理)

あみちゃんファーム(網野農園)

住所
東京都立川市栄町2-28-1
電話番号
042-537-9260
営業時間
13時30分〜17時 ※売切れ次第終了
定休日
日曜
最終更新日:2021.4.16
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。