ちくわ。 おでかけ情報

そば通に人気の名店が集う! 神田のおいしいお蕎麦屋さん10選

ちくわ。編集部

公開日 2021年8月25日

蕎麦の味はもちろん、お店の雰囲気を味わえるのも魅力なお蕎麦屋さん。今回は、そんな味にもお店の雰囲気にもこだわったお蕎麦屋さんを、神田エリアで10選ピックアップしました。神田にはお蕎麦屋さんの老舗が多く、東京都選定歴史的建造物に指定されているお店など、建物にも見どころがあります。蕎麦のコース料理から立ち食い蕎麦まであるので、シーンに合わせて訪れてみてください。

神田駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ

長く愛されている名店「かんだやぶそば」

出典: 食べログ

まずご紹介するのは、東京メトロ神田駅の5番出口から徒歩3分のところにある「かんだやぶそば」です。明治13年創業の老舗で、2014年新築の店舗はレトロな雰囲気を保ちながらも新しさのある装い。長野産や青森産などの最上級粉を使った蕎麦は、蕎麦粉10に小麦粉1の割合で、つゆは昆布とかつお節を使った、辛口でコクのある味わいです。
出典: 食べログ

蕎麦は、せいろやかけなど定番メニューのほかに、季節ごとの旬の蕎麦が登場。通年メニューの「季節の天ぷら 1,650円」と「せいろうそば 825円」を組み合わせるのも、旬を味わえるおすすめの食べ方です。
出典: 食べログ

鴨肉とネギのおいしさが詰まったつけ汁で食べる「鴨せいろうそば 2,090円」も豪華な一品です。また、個性ある数種類の焼酎があり、おつまみメニューも充実していますよ。

かんだやぶそば

住所
東京都千代田区神田淡路町2-10
電話番号
03-3251-0287
営業時間
11:30~21:00
定休日
水曜日
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

あの有名作家も通った名店「神田まつや 本店」

続いてご紹介するのは、明治17年創業の老舗「神田まつや 本店」です。JR神田駅の東口から徒歩5分のところにあるお蕎麦屋さん。建物は東京都選定歴史的建造物に指定されていて、出入り口の上部にある松模様の欄間飾りが見どころです。
出典: 食べログ

こちらは食通で知られる作家の池波正太郎さんも通ったことも知られています。産地から厳選した蕎麦の実を石臼で挽いた挽きぐるみの蕎麦粉を使用。手打ちにこだわり、打ち立て茹で立てでコシのある蕎麦を提供しています。
出典: 食べログ

メニューは種類豊富な蕎麦に、丼ものもあります。女性に特に人気の「ごまそば 935円」は、ごまの香ばしさと蕎麦のハーモニーが自慢の逸品。蕎麦湯も通常のつゆとは違う味わいが楽しめます。
出典: 食べログ

有明産の海苔をトッピングした「花巻 1,045円」は、シンプルながら奥深い味わい。つゆにふわりと溶けた海苔を、蕎麦に絡めてすすりましょう。

神田まつや 本店

住所
東京都千代田区神田須田町1-13
電話番号
03-3251-1556
営業時間
[月~金] 11:00~20:00(L.O.19:30) [土・祝] 11:00~19:30(L.O.19:00)
定休日
日曜日
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

天ざる&天もりの元祖の味わい「室町砂場 日本橋本店」

出典: 食べログ

JR神田駅の南口から徒歩3分のところにある「室町砂場 日本橋本店」も、明治2年に創業した老舗のお蕎麦屋さんです。店内には、テーブル席やお座敷席が100席と豊富。蕎麦の芯のみを挽いた更科粉と玉子のつなぎで作った、滑らかで甘みのある「ざる」と、挽きぐるみなどの蕎麦粉を使った風味豊かな二八蕎麦「もり」の、2種類の江戸前蕎麦が食べられます。
出典: 食べログ

メニューには温かい蕎麦もあり、季節の小鉢など一品料理も充実しています。元祖といわれる「天ざる 1,600円」は、ごま油100%で揚げた香ばしさも楽しめる天ぷらと、のどごしの良い更科粉の蕎麦を合わせたメニューです。
出典: 食べログ

「天もり 1,600円」も同じくこのお店が発祥。「天ざる」と同じ、濃い口つゆに浸かった芝海老と小柱のかき揚げと共に、こちらは香り高い蕎麦を味わえます。

室町砂場 日本橋本店

住所
東京都中央区日本橋室町4-1-13 砂場ビル
電話番号
03-3241-4038
営業時間
月~金 11:30~21:00(L.O.20:30) 土 11:30~16:00(L.O.15:30)
定休日
日・祝
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

お酒ともりそばのセットもおすすめ「浅野屋 本店」

出典: 食べログ

「浅野屋 本店」には、JR神田駅の南口から徒歩4分で到着です。明治5年に創業、下町の味と伝統の味を守り続けているお蕎麦屋さん。外ニ八の割合で作る蕎麦に、せいろ蕎麦用と温かい蕎麦用、それぞれ削り節を変えて作るつゆを合わせています。
出典: 食べログ

蕎麦のメニューは種類豊富で、プラス料金で「生玉子 100円」などの追加も可能。季節限定品や丼もの、一品料理、お酒も充実しています。お好みのお酒やおつまみと一緒に、シンプルな蕎麦の味わいを満喫できる「もり 700円」を合わせるのもおすすめ。17:00~19:00の間は「晩酌セット 1,180円」を選べば、飲み物、肴、蕎麦をそれぞれ1品ずつセットにできます。
出典: 食べログ

豪快な1本の「あなご天ぷら 1,200円」は、食べ応えがあり、蕎麦にも合います。「あなご天せいろ 1,600円」などもチェックしてみてください。

浅野屋 本店

住所
東京都千代田区内神田2-7-9 浅野屋ビル 1F
電話番号
03-3254-4351
営業時間
[月~金] 11:00〜15:00/17:00〜21:30 [土] 11:00〜14:00
定休日
第一・三土、日、祝日
平均予算
[夜]~¥999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

ビッグかき揚げの限定蕎麦&丼も人気「神田 尾張屋本店」

出典: 食べログ

東京メトロ神田駅から徒歩1分と駅近の「神田 尾張屋本店」は、大正9年に創業したお蕎麦屋さんです。蕎麦は、北海道の契約農家で栽培された原料を自社工場で製粉し、細打ちにした二八蕎麦。濃い目のつゆを合わせた、江戸前の味わいが楽しめます。
出典: 食べログ

メニューには冷たい蕎麦と温かい蕎麦が豊富に揃っていて、夏や冬限定の蕎麦もあります。数量限定の「特盛かき揚げせいろ 950円」は、器からはみ出るほどのダイナミックなかき揚げと一緒に、蕎麦を味わえる一品。
出典: 食べログ

温まりたい時には、見た目から濃厚な辛口カレーと食べる「辛口カレー南ばん 1,150円」もおすすめです。カレーは普通の辛さにすることもできますよ。
出典: 食べログ

また、肉厚のかつを卵が包んだ「かつ丼 1,050円」や、大きなえび天が2本のった「車海老天丼 1,500円」も人気メニューです。ほかにも、おつまみにぴったりの一品料理が充実!

神田 尾張屋本店

住所
東京都千代田区神田須田町1-24-7
電話番号
03-3256-2581
営業時間
11:15~21:00
定休日
日曜日、祝日
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]~¥999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

石臼挽きの十割蕎麦が食べられるコース料理「手打蕎麦 松竹庵 ます川」

出典: 食べログ

「手打蕎麦 松竹庵 ます川」は、東京メトロ神田駅の6番出口から徒歩約6分のところにあるお店です。天保元年(1830年)に創業した歴史あるお蕎麦屋さん。店内はモダンな雰囲気で、1階はカウンター席のみ。おひとり様にもおすすめです。
出典: 食べログ

メニューは絶品といわれる蕎麦と天ぷらが中心で、コース料理や、季節や日によって内容が変わる「季節の天婦羅」も楽しめます。「天婦羅ランチコース 2,800円」は、季節の先付に、車海老や旬の野菜の天ぷらが付いて、石臼挽きの十割蕎麦が味わえるお手軽コースです。
出典: 食べログ

夕食にじっくり食べるなら「おまかせ天婦羅コース 8,000円」をチェック。こちらも石臼挽きの十割蕎麦を提供しており、天ぷらの種類が充実していて、かつ季節のデザート付きです。

手打蕎麦 松竹庵 ます川

住所
東京都千代田区神田淡路町2-6
電話番号
03-3251-1043
営業時間
※年末12月31日の御予約承ります。 【月〜金】 11:30~14:30 17:30~20:30(Lo.20:00) 【土・日】 休み 【祝日】 11:30〜14:30 17:30〜20:30(Lo.20:00)
定休日
土曜・日曜
平均予算
[夜]¥8,000~¥9,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

充実の蕎麦前&産地が変わる蕎麦「眠庵」

出典: 食べログ

東京メトロ神田駅の6番出口から徒歩1分と駅近の「眠庵」は、細い路地の奥にある隠れ家風のお蕎麦屋さん。酒・蕎麦・豆腐のお店で、お酒やおつまみを楽しんでからシメの蕎麦を食べたい人にぴったりです。
出典: 食べログ

もり蕎麦をはじめ、自家製の「豆腐 350円」や充実の蕎麦前が味わえます。お酒は日本酒の種類が豊富で、おつまみもバリエーション豊かなラインナップ。
出典: 食べログ

蕎麦は、日によって産地が変わる「もり 900円」と、産地の異なるもり蕎麦が2種類味わえる「二種もり 1,200円」を提供。1種類の蕎麦をしっかり堪能するもよし、2種類の味わいを比べてみるもよしです。

眠庵

住所
東京都千代田区神田須田町1-16-4
電話番号
03-3251-5300
営業時間
18:00~21:30(L.O)
定休日
日曜・祝日(それ以外にも休む場合あり→ホームページでチェック)
平均予算
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]¥3,000~¥3,999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

リーズナブルでおいしい立ち食い蕎麦店「天亀そば」

おいしいお蕎麦をササッと気軽に味わえる、立ち食い蕎麦店も神田には点在しています。ここからは、特におすすめの立ち食い蕎麦店を3店舗ご紹介しましょう。
出典: 食べログ

JR神田駅の南口または西口から徒歩2分のところにある「天亀そば」は、早い・安い・旨いの3拍子が揃った立ち食い蕎麦店。しっかりコクがありながらも甘辛ではないつゆは、だしの追加で薄味の希望も叶えてくれます。
出典: 食べログ

メニューには、ワンコイン以下の蕎麦がずらりと並び、定食もあります。春菊の青みが映える薄めの衣の春菊天がのった「春菊天そば 420円」は、人気のメニューです。
出典: 食べログ

かき揚げがメインにのったオーソドックスな「天ぷらそば 400円」も人気。途中でカウンターにある「いわし煮干粉末」をかけると、味の変化も楽しめます。

天亀そば

住所
東京都千代田区鍛冶町1-7-9
電話番号
非公開
営業時間
24時間営業
定休日
土・日(コロナの影響により)
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

揚げ立ての明日葉天が名物「めんや」

出典: 食べログ

「めんや」には、東京メトロ神田駅の6番出口から徒歩2分で到着です。カウンター席が列になっていておひとり様でも入りやすく、立ち食い席と椅子席があります。茹で立て蕎麦と揚げ立て天ぷらが魅力の、和やかで昭和レトロな雰囲気のお蕎麦屋さんです。
出典: 食べログ

こちらもワンコインメニューが豊富で、ご飯ものとのセットやトッピングもあります。「もりそば 310円」に、独特のほろ苦さが楽しめる「明日葉天 100円」を追加するのが人気です。
出典: 食べログ

ほかにも、「かけそば 310円」に、明日葉天と「たまご 50円」や「わかめ 100円」をトッピングするなど、自由にアレンジできますよ。

めんや

住所
東京都千代田区神田須田町1-14 AKビル 1F
電話番号
03-3254-0361
営業時間
[月〜金] 8:30~16:00
定休日
土曜・日曜・祝日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

温泉玉子入り”天玉そば”の元祖「かめや 神田東口店」

出典: 食べログ

最後は、JR神田駅の東口または北口から徒歩1分と駅近の「かめや 神田東口店」です。こちらも立ち食い蕎麦風の人気店で、こぢんまりとした店内には椅子のあるカウンター席が10席あります。
出典: 食べログ

打ち立て&茹で立て蕎麦の、天ぷらを使ったリーズナブルなメニューが豊富。まずは、元祖の味わいが楽しめる名物の「天玉そば 450円」をチェック。温かい蕎麦の上にふわっとかき揚げがのっていて、温泉玉子と一緒に頂きます。
出典: 食べログ

冷たい蕎麦では「とろろせいろ 430円」もおすすめ。とろろとうずらの卵、刻み海苔が入ったつけ汁に蕎麦を付けて食べる、暑い日にぴったりのメニューです。

かめや 神田東口店

住所
東京都千代田区鍛冶町2-7-3 神田駅前センタービル 1F
電話番号
03-3254-0285
営業時間
5:30or6:00頃~20:00 (祝日や、ほかの日も状況により16:00頃閉店の場合もございます)
定休日
日曜
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2021.9.19
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

神田で昔ながらの蕎麦に舌鼓

老舗をはじめ魅力あふれるお蕎麦屋さんが集う神田エリア。伝統の味を守り続けている蕎麦や、元祖の味わいが楽しめるメニューなど、歴史を感じられるのも素敵です。ぜひお好みの蕎麦を探して、じっくり食べ歩いてみてください。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事