ちくわ。 おでかけ情報

狭いからこそクセになる!秘密にしておきたい、神田の美味な「狭い店」

多くの飲食店が集まる神田エリアの中でも、特に座席数が10席前後と少ない、つまり「狭い店」に注目!「飯なんぞはサッと食べて、パッと店を出るのが粋というもの」。そんな江戸っ子的考えも反映されているのかもしれませんが、「狭いが美味い」これは真実です。さらに、親切で雰囲気がいいと来れば通いたくなりますね。さあ、敷居が高そうだなんて思い込みは捨てて、神田らしさあふれる店で美味いを体感してください。

公開日 2017年2月18日

カテゴリ
一人で
友達と一緒
エリア
神田駅
神保町駅
ライター
good mornings
狭いからこそクセになる!秘密にしておきたい、神田の美味な「狭い店」

初対面でも一緒に焼き肉を楽しめる/六花界

出典: 食べログ

焼肉×日本酒×立ち飲み食い。インパクトあるこの組み合わせで常連客の多い「六花界」。その理由は、肉のメニューは一皿500円、野菜一皿300円、飲み物全品400円と明朗会計であること。もちろん味に偽りなし!七輪で焼くマルチョウやシビレなどのホルモン、赤身肉は特に人気で「お肉盛り合わせ」がオススメです。また、焼き肉と合う日本酒のラインナップも充実しています。肉の脂がしたたり炎や煙があがる度に、食欲も店内の人たちも盛り上がりが増します。
出典: 食べログ

え!? ここは一体どんな世界なのでしょう。10人ほど入ればいっぱいになる立ち飲みスタイルの店内に、七輪はテーブルの中央に2台のみ。つまり、肉を食べるにはお隣さんと七輪をシェアするのです。気づけば会話も弾み、お肉もお酒も進みます。常連客が多いと聞くと躊躇しがちですが、ここでは「初めまして感」すらも美味しい焼肉のスパイスになるのです。

六花界

住所
東京都千代田区鍛冶町2-13-24
電話番号
03-3252-8644
営業時間
17:30~24:00
定休日
日祝
平均予算
¥2,000~¥2,999
最終更新日:2017.5.11
大きな地図で見る

デミソースの海に溺れたい!/ 美味卵家(ウマタマヤ)

出典: 食べログ

店名が示すとおり、美味い卵を存分に味わえるオムライス専門店です。定番の「オムハヤシライス」は、白飯の上に鶏ひき肉のケチャップ煮、その上にとろっとろの卵、周りにデミグラスソースという構成。さらに「デミソース倍かけ」や「自家製のポテトコロッケ乗せ」など、オプションが豊富なのもこのお店に通いたくなる理由です。ケチャップライス派の人には、鶏ダシのきいたケチャップライスを卵で包んだ見た目も美しく懐かしい「オムライス」がオススメです。
出典: 食べログ

カウンター8席のみの店内には、季節限定メニューや定食メニューもあるので、待っている間にしっかりチェックしましょう。オーダーを済ませたら、カウンター越しにシェフのフライパンさばきを堪能します。袖すりあうほどのスペースなので、自分の皿が目の前に来たら、脇をしっかりしめて食べるべし!

美味卵家(ウマタマヤ)

住所
東京都千代田区鍛冶町2-13-24
電話番号
03-5294-8008
営業時間
11:00~15:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.5.11
大きな地図で見る

完成された天丼を味わうならココ!/ 神田 天丼家

出典: 食べログ

「天丼 いもや」として馴染みがある方も多いかもしれませんが、実は屋号を変えてすでに8年の月日が流れています。それでも変わらないのが、店内の清々しさとメニューのシンプルさ。「天丼」の具はエビ、イカ、キス、カボチャ、海苔の定番5種です。サクッと香ばしい衣に、程よくかかったタレ。食べる人それぞれが、天ぷらとご飯、そしてタレの具合を絶妙に算段しながらいただく感じもまた清々しいものです。
出典: 食べログ

こちらへは行列覚悟で訪れましょう。しかし、行列はさほど苦にはならないはずです。それは店外に漂う香ばしいゴマ油の香りのおかげ! 店中に入ると、黙々と食べる先客を見ながら待つのですが、この店では皆、行儀よく待っている姿が印象的です。短いランチタイムだからこそ信用できる店で食べたい。そんな声に長きにわたり応えてくれている名店です。

神田 天丼家

住所
東京都千代田区神田神保町3-1-14
電話番号
03-6272-3306
営業時間
11:00~15:00頃
定休日
日・祝
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.5.11
大きな地図で見る

常時10種類近くある漬物トッピングも自慢!/ インデラ

出典: 食べログ

カレー好きには二種類のタイプがいるのではないでしょうか。”とにかくカレーが好きで、いつでもどこでもカレーが食べたい”というタイプと”この店のカレーが好き”というタイプ。「インデラ」の客には後者が多いのかもしれません。2種類の辛さと3種類のサイズからセレクトし、生卵か茹で卵を50円で追加できます。特徴はなんといっても常時10種類近くある漬物トッピングです。いや、トッピングというよりこれはもう「インデラ」のカレーの一部なのです。
出典: 食べログ

地下を降りると目の前に広がる店内は、この昭和的多国籍な感じがたまりません。初めて入店しても懐かしさを感じて「お久しぶりです」なんて言いたくなってしまうかも。気さくな女将さんの接客が、ますます親近感を感じさせてくれます。支払いは前金制。料理の提供の早さも天下一品です。

インデラ

住所
東京都千代田区神田紺屋町6
電話番号
03-3252-4544
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.5.11
大きな地図で見る

今日は肉を食べるぞ!宣言に応えてくれる/ アナンダ

出典: 食べログ

ランチはライス、みそ汁、サラダがついた「ハラミステーキ」のみ。肉を食べるぞ!と意気込んで訪れたいお店です。その意気込みに応えてくれるかのような肉汁を湛えたハラミ肉。付け合わせのモヤシも美味しくてペロリといただけます。「リブロースステーキ」や「ステーキ丼」など夜限定のメニューを見ると、お給料が出たら今度は夜に来よう!そう決意せずにはいられません。
出典: 食べログ

カウンターのみの11席。店名の「アナンダ」とは、肉を食べたときに脳内に分泌される至福物質「アナンダマイド」に由来しているそうです。神田でお肉だから男性客ばかりかと思いきや、女性からも人気を集めています。

アナンダ

住所
東京都千代田区内神田3-10-6文秀堂ビル1F
電話番号
03-6206-4129
営業時間
月~土ランチ 11:30~14:30 月~金ディナー 17:00~22:00
定休日
日・祝
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.5.11
大きな地図で見る

身軽で行けば、気軽に楽しめる!美味しい料理のステージがそこにある。

「狭いから」と入店するのを敬遠していたとしたら、それはちょっともったいないかもしれません。カウンターのみの小さなお店は、たしかに長居するには窮屈です。しかし、焼き肉やステーキ、天丼もカレーもオムライスも、そこが料理に正面から向かうためのステージだと思えばどうでしょう。手ぶらとはいかないかもしれませんが、出来るだけ荷物は少なめで訪れるといいですね。互いに譲り合い、次に待つ人を思い、店を後にする。格好いいじゃありませんか!

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。