ちくわ。 おでかけ情報

『花と器のハーモニー2017』会場の洋館を巡る、横浜・山手エリアのお散歩コース♪

横浜の山手エリアにある美しい7つの洋館で毎年開催される無料イベント『花と器のハーモニー』は、館内をたっぷりのお花とエレガントな器で彩ります。歴史ある洋館に展開されるお招きの空間に、思わずウットリしてしまうはず。今年は、2017年5/27(土)~6/ 4(日)に『花と器のハーモニー2017「もてなしの華物語~全7章」』を開催します。昨年の画像と共に、友達と一緒に会場を巡るおすすめのお散歩コースをご紹介しましょう!

公開日 2017年4月12日

カテゴリ
友達と一緒
お散歩
エリア
元町・中華街駅
ライター
ちくわ。編集部
『花と器のハーモニー2017』会場の洋館を巡る、横浜・山手エリアのお散歩コース♪

横浜中華街でランチを楽しんだら、まずは『山手111番館』へ!

元町・中華街駅でお友達と待ち合わせをしたら、まずは今日のお散歩に備えて横浜中華街で早めのランチをいただきましょう!お店で味わうのもよし、早くイベントに行きたい気分ならボリューム満点の中華まんなどをテイクアウトして食べ歩きを楽しんでもいいですね。
出典: フォートラベル

横浜中華街から徒歩8分ほどの場所にある「山手111番館」から、今日はイベント会場を巡ります。アメリカ人の両替商であるラフィン氏の自宅として建設された「山手111番館」は、建物正面の3連のアーチが特徴的なスパニッシュスタイルの洋館です。純白の外壁と赤い屋根が美しいコントラストを演出していますね。
出典: フォートラベル

こちらは昨年のダイニングの様子。初夏を感じさせる爽やかなコーディネイトですね。今年のコーディネートを担当するのは、フラワーアレンジメントやアートオブジェなどを手がけるアーティストの吉本雄一氏です。

山手111番館

住所
神奈川県横浜市中区山手町111
電話番号
045-623-2957
営業時間
9:30~17:00 ※7月と8月は18:00まで
平均予算
入場無料
最終更新日:2017.4.4
大きな地図で見る

英国調の意匠を随所に感じられる洋館『横浜市イギリス館』

出典: PHOTOHITO

そこから徒歩3分ほどの場所にある「横浜市イギリス館」は、英国総領事邸として1937年に建設されました。英国風の意匠を随所に見ることができる格調高い洋館です。バラ園もみごとなので、ぜひお庭も散策してみてください。
出典: フォートラベル

こちらは昨年の主寝室の様子です。こんな優雅な空間で、ぐっすり眠ってみたいですね。今年のコーディネートは、いけばな小原流の伊藤庭花氏が担当します。
出典: フォートラベル

横浜市イギリス館

住所
神奈川県横浜市中区山手町115-3
電話番号
045-623-7812
営業時間
9:30~17:00 ※7月と8月は18:00まで
平均予算
入場無料
最終更新日:2017.4.4
大きな地図で見る

外国人居留者の共同住宅として建設された洋館『山手234番館』

出典: PHOTOHITO

次に向かうのは徒歩6分ほどの場所にある「山手234番館」。こちらは外国人居留者の共同住宅、今で言うアパートメントハウスとして1927年に建てられました。1970年代頃まではアパートメントとして使われていましたが、1989年に横浜市が歴史的景観の保全のために取得し、1999年から一般公開されています。
出典: フォートラベル

こちらは2階のシャンデリアに吊るされた昨年のアレンジメントです。窓の向こうに広がる緑に映える演出ですね。壁にも施された涼やかなアレンジメントも好評でした。今年のコーディネーターは、日本フラワーデザイン専門学校の池田希氏です。
出典: フォートラベル

山手234番館

住所
神奈川県横浜市中区山手町234-1
電話番号
045-625-9393
営業時間
9:30~17:00 ※7月と8月は18:00まで
平均予算
入場無料
最終更新日:2017.4.4
大きな地図で見る

洋館カフェ「えの木てい」でちょっと休憩♡

洋館を3つ巡って、そろそろお茶したい頃ですね。すぐお隣に建つ可愛らしい洋館カフェの「えの木てい」で、優雅なティータイムを楽しみましょう。先ほどの「山手234番館」と同じく、朝香吉蔵氏による設計なんですよ。館内はもちろん、緑に囲まれたテラス席もおすすめです。
出典: PHOTOHITO

エレガントな洋館でいただく自家製のケーキは格別♪
お好きなケーキにコーヒーか紅茶の付くお得なケーキセットが人気です。
出典: 食べログ

えの木てい 本店 (エノキテイ)

住所
神奈川県横浜市中区山手町89-6
電話番号
045-623-2288
営業時間
11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日
無休
最終更新日:2017.3.2
大きな地図で見る

近代建築の父が手がけた洋館『エリスマン邸』

出典: PHOTOHITO

ゆったりとお茶を楽しんだ後は、徒歩2分ほどの場所にある「エリスマン邸」へ行ってみましょう。こちらの洋館は”近代建築の父”と称されたチェコ出身の建築家アントニン・レーモンド氏によって設計されました。1982年にマンション建築のために解体されてしまいましたが、1990年に再現。テーブルや椅子などの家具も、アントニン・レーモンド氏による設計です。
出典: フォートラベル

昨年は和のテイストを感じさせるコーディネートでした。竹を使って洋館をみごとに和モダンな空間へ演出していますね。今年のコーディネーターは、HINATA IKEBANA STUDIOの日向雄一郎氏です。
出典: フォートラベル

エリスマン邸

住所
神奈川県横浜市中区元町1-77-4
電話番号
045-211-1101
営業時間
9:30~17:00
平均予算
入場無料
最終更新日:2017.4.4
大きな地図で見る

横浜・山手エリアで最大級の洋館『ベーリックホール』

出典: フォートラベル

次に向かうのは徒歩2分ほどの場所にある「ベーリックホール」。イギリスの貿易商人であるB.R.ベリック氏の邸宅として、1930年に設計されました。山手エリアに戦前に建てられた現存する洋館のなかで、最大規模を誇ります。美しい装飾が至るところに施されているので、ぜひじっくり時間をかけて見学しましょう。
出典: フォートラベル

昨年は、空間を大胆に使ったアレンジメントに感嘆の声があがりました。子供部屋に飾られた可憐なヒマワリも、ノスタルジーを感じさせるステキなアレンジメントですね。今年のコーディネートは、フラワリズムのNatsu.氏が担当します。
出典: フォートラベル

ベーリック・ホール

住所
神奈川県横浜市中区山手町72
電話番号
045-663-5685
営業時間
9:30〜17:00 ※7月と8月は18:00まで
平均予算
入場無料
最終更新日:2017.4.4
大きな地図で見る

アメリカン・ヴィクトリアン調の名建築『外交官の家』

洋館を5つ巡って、もしまだ時間があれば「外交官の家」と「ブラフ18番館」も巡って、7つの会場を全制覇しちゃいましょう。「ベーリック・ホール」から「外交官の家」までは、イタリア山方面へ徒歩11分ほどで到着します。
出典: PHOTOHITO

「外交官の家」は、明治政府で活躍した外交官・内田定槌氏の邸宅として1910年に東京渋谷の南平台に建てられました。アメリカの建築家J.M.ガーディナーによるアメリカン・ヴィクトリアンの建物は、国の重要文化財に指定されています。1997年に孫の宮入氏が横浜市へ寄贈し、山手イタリア山庭園に移築・一般公開されました。
出典: フォートラベル

昨年はダイニングルームに振袖を展示! ゴージャスなテーブルコーディネートに華を添えました。今年のコーディネーターは、ヨーロピアン フラワーデザインの鮫島宗弘氏です。 
出典: フォートラベル

外交官の家

住所
神奈川県横浜市中区山手町16
電話番号
045-662-8819
営業時間
9:30~17:00
平均予算
入館無料
最終更新日:2017.4.5
大きな地図で見る

白い壁に緑の鎧戸が印象的な可愛らしい洋館『ブラフ18番館』

出典: PHOTOHITO

そこから徒歩2分の場所にある「ブラフ18番館」は、オーストラリアの貿易商バウデン氏の私邸として関東大震災後に建てられ木造2階建ての洋館です。1992年に横浜市へ部材が寄贈され、山手イタリア山庭園内に移築・一般公開されました。防災効果の高いモルタル吹き付け仕上げの白い壁に、グリーンの鎧戸が目を引く可愛らしい洋館ですね。
出典: フォートラベル

昨年はオランダ出身のレン・オークメイド氏がコーディネート。7館のうち唯一の外国人コーディネーターでした。お部屋ごとに雰囲気のまったく異なる演出が大好評。今年はBALANCE FLOWER SHOPの西澤力氏が担当します。 
出典: フォートラベル

ブラフ18番館

住所
神奈川県横浜市中区山手町16
電話番号
045-662-6318
営業時間
9:30~17:00
平均予算
入館無料
最終更新日:2017.4.5
大きな地図で見る

美しいお花と器に彩られた洋館を訪れよう♪

横浜の山手エリアで、2017年5/27(土)~6/ 4(日)に開催される『花と器のハーモニー2017「もてなしの華物語~全7章」』を楽しむお散歩コースをご紹介しました。会場巡りだけではなく、横浜中華街でのランチや洋館カフェでのティータイムなど、盛りだくさんのプランです。コーディネーターの個性が光る演出は見ごたえたっぷりなので、時間が許せば是非7つの洋館を全て巡ってみてくださいね。入場無料で贅沢な空間にひたれますよ♪

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事