ちくわ。 おでかけ情報

新しい発見も!街角アートを巡る渋谷散歩のススメ☆

駅前のハチ公やモヤイ像ばかりではない渋谷の街角アート。壁画やモニュメントやパブリックアートなどを探しながら街を歩いてみませんか。スマホから地上へ、空へと視線を変えてみると、今まで見過ごしていた風景の中に新たな発見があるかもしれません。
マークシティ通路の巨大な壁画「明日の神話」から、残念ながら閉館になった「こどもの城」の敷地に残っているモニュメントやその付近の目を引くデザインのビルを楽しんだら、さらに足を延ばして渋谷区文化総合センター大和田方面まで歩いてみましょう。(2016/11/16作成)

公開日 2017年5月11日

カテゴリ
一人で
友達と一緒
お散歩
エリア
渋谷駅
ライター
ちくわ。編集部
新しい発見も!街角アートを巡る渋谷散歩のススメ☆

待ち合わせにはここ!まず岡本太郎作の「明日の神話」を近くから、離れて階段上から、じっくり鑑賞

マークシティ地下、渋谷駅のJRと京王井の頭線を結ぶ通路を飾る幅30メートル高さ55メートルの巨大な壁画「明日の神話」。1960年代後半に制作されたあと、行方不明になっていた氏の代表作のひとつは、2003年にメキシコで発見され、(財)岡本太郎記念現代芸術振興財団による復元作業の後、日本国内の巡回展示を経て、2008年11月からこの場所に展示されています。
原爆の悲惨さ、残酷さが表現された絵からは、人間がその巨(おお)きな不幸をも乗り越えることができるという力強いメッセージ、そしてその先にある平和の素晴らしさが伝わります。いつも急ぎ足で通り過ぎてしまう場所ですが、たまには立ち止まって、通路から詳細を、階段を上った上から全体をゆっくり鑑賞してみてはいかがでしょう。

明日の神話

住所
東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティ内 通路
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る

背中に羽がついたような明るい気分になれる♪ 天津恵作の壁画「Bright Time」

「明日の神話」から階段を上ると、突き当たりに“色の魔術師”とも呼ばれる天津恵さん作の壁画「Bright Time」が目に飛び込んできます。明るい色彩に彩られた壁画からは作者のメッセージにもある通り、太陽の恵みが燦々と降り注ぐこの地球に生きる喜びや希望を感じることができます。白いアウトラインで表現された鳥の姿を見ていると、心に羽が生えたような軽やかな気分になり、ステップを踏みたくなるようです。

Bright Time

住所
東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティ内 通路
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る

渋谷駅まわりで見ることのできるパブリックアートいろいろ♪

渋谷駅の周辺には、有名なハチ公やモヤイ像をはじめとして、パブリックアートがたくさんあります。
東京地下鉄(東京メトロ)「副都心線」の渋谷駅(B3F、池袋方改札通路)にある陶板レリーフ「きらきら渋谷」(絹谷幸二作)、東横線、副都心線の改札外にはさわやかなステンドグラス「海からのかおり」(大津英敏作)、ハチ公口の改札外には「ハチ公ファミリー」のレリーフなども見ることができます。普段は忙しく歩いていて見過ごしがちですね。一度足を止めて、じっくり鑑賞してはいかがでしょう。
出典: フォートラベル

陶板レリーフ「きらきら渋谷」(絹谷幸二作)

きらきら渋谷

住所
東京都渋谷区道玄坂1-1-1渋谷駅 B3F 東横線・副都心線改札外通路
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る
出典: フォートラベル

ステンドグラス「海からのかおり」(大津英敏作)

海からのかおり

住所
東京都渋谷区道玄坂1-1-1渋谷駅 B2F 半蔵門線方改札外通路
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る
出典: フォートラベル

レリーフ「ハチ公ファミリー」(作者:吉野毅(像) 堺屋太一(台座の詩))

ハチ公ファミリー

住所
東京都渋谷区道玄坂1-1-1JR渋谷駅ハチ公口改札前
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る

こどもの城のパブリックアート!まわりにも楽しいビルが見つかります☆

閉館が決まった「こどもの城」の象徴的なモニュメントとして、様々な創造の可能性を子ども達に伝えたいというメッセージが込められた岡本太郎さん作の「こどもの樹」。柵に囲まれていますが、いくつも伸びた枝の先端のいろいろな表情をもう一度じっくり見てみましょう。こどもたちの未来が笑顔に満ち溢れた明るいものであるようにという祈りが伝わります。
「こどもの城」の壁に壁から縄跳びをしながら現れ再び壁に消えていく子供の姿を福田繁雄さんが描いたトリックアート「…111,112,113…」。遊び心が伝わる不思議なアートは、眺めるほどに引き込まれるようですが、残念ながら建物に近寄ることはできなくなっています。
「こどもの城」の隣のビルの非常階段も明るい色彩でたくさんの風船が楽しく描かれています。
通りを挟んだ向かいのビルの窓も不思議なオーガニックの形です。
こどもの城の手前には、規則正しい幾何学模様で窓が飾られたビルも目を引きます。

「こどもの樹」(岡本太郎作)

出典: フォートラベル

「…111,112,113…」(福田繁雄作)

こどもの樹

住所
東京都渋谷区神宮前五丁目53番1号
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る

オーガニックな形に心癒される、そら豆のようなやさしいオブジェ

セルリアンタワーにほど近い渋谷区文化総合センター大和田のモニュメントを探してみましょう。地上入り口横にはソラマメが空に向かってそびえているような「帰門」(安田 侃作)というオブジェが迎えてくれます。
地下をのぞくとそら豆のような形の大きな大理石のモニュメント「天秘」(安田 侃作)が置かれています。オーガニックですべすべした石の形状を見るとほっと心が癒されるようです。ここを会場としたコンサートなども開かれます。
道路を挟んで建つインフォスタワーには「天女」(粟津 潔作)が、近代的なビルを背景に空に向かって逆立ちして立っています。

「帰門」(安田 侃作)

「天秘」(安田 侃作)

出典: フォートラベル

「天女」(粟津 潔作)

渋谷区文化総合センター大和田

住所
東京都渋谷区桜丘町23-21
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る

街歩きが楽しくなる♪ アートに心躍る散歩へ出かけよう

街を何気なく歩いていると、ふと目につくアート。くすっと笑ってしまうような面白い形や、はっと息を呑むような美しい色彩のものなど、アートの奥深さを感じさせられますね。散策を演出してくれる街角アートをまだまだ探してみたいと思います!

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事