ちくわ。 おでかけ情報

日々の疲れを癒したい! 浅草の癒やしスポット・日帰り入浴&スパ 6選

都内でも有数の観光地・浅草には、スパや日帰り入浴ができる癒しのスポットがいろいろあります。ゆったり入って一日楽しめる入浴施設、女性に嬉しい酵素浴に岩盤浴など。観光で動き回ったあとのひとときに、また日常の疲れを癒やしに、お友達やおひとりさまで訪れてみてはいかがでしょうか?

公開日 2017年7月7日

カテゴリ
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
エリア
浅草駅
ライター
ちくわ。編集部
日々の疲れを癒したい! 浅草の癒やしスポット・日帰り入浴&スパ 6選

浅草ROXの最上階「まつり湯」で、買い物帰りにリラックス

出典: フォートラベル

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分の場所にある「まつり湯」は、浅草ROXの6階・7階にある日帰り入浴施設。買い物帰りに立ち寄って、広いお風呂に入れば体の疲れが取れて心身ともにリラックスできそうです。
出典: フォートラベル

温泉ではありませんが、露天風呂や寝湯など、11種類のお湯と3種類のサウナが用意されています。露天風呂からは、東京スカイツリーの姿も見られますよ。入館料は、中学生以上の大人平日2,500円とちょっとお高めですが、会員になると2,150円と割引料金で入れます。お食事処やリラックスルームなども完備されているので、もしかしたら一日中くつろげちゃうかも。

浅草ROX まつり湯

住所
東京都台東区浅草1-25-15ROX 7階
電話番号
03-3836-7878
営業時間
24時間営業
平均予算
一般 大人2,500円、小人(4歳以上小学生以下)1,250円 休日割増 プラス300円、深夜(24:00~5:00)割増 30分毎250円(すべて税抜)
最終更新日:2017.6.30
大きな地図で見る

老舗銭湯「蛇骨湯」で、黒い天然温泉に浸かろう!

出典: フォートラベル

都営浅草線浅草駅より徒歩5分のところにある老舗銭湯「蛇骨湯」。江戸時代から200年以上もの間、綿々と銭湯を営んできた「蛇骨湯」のお湯はすべて天然温泉。東京では最もポピュラーな「黒湯」という温泉です。

黒湯は火山性の温泉とは違って、数億年前に埋もれた海藻や木の葉などの成分が地中に閉じ込められ、分解されて地下水に溶け込んでできるもの。入浴すると体の芯まで温まって、風呂上がりもあまり湯冷めしません。同じ黒湯でも、その成分によってさまざまな色のお湯がありますが、ここ「蛇骨湯」は澄んだ黒褐色のお湯です。銭湯料金460円で入浴できます。
出典: フォートラベル

路地を少し入ったところが入口ですので、見落とさないようご注意ください!

蛇骨湯(じゃこつゆ)

住所
東京都台東区浅草1-11-11
電話番号
03-3841-8645
営業時間
13:00~24:00(浴室退室は~23:40)
定休日
火曜(祝日の場合は翌日休)
平均予算
大人(12才以上)460円、小学生(6才以上12歳未満)180円、乳幼児(6歳未満 )80円
最終更新日:2017.5.24
大きな地図で見る

奥浅草の「曙湯」は、外観もじっくり堪能したい!

続いては、近年話題の奥浅草エリアにある銭湯をご紹介します。創業昭和24年、昔ながらの重厚感ある宮造り建築の銭湯「曙湯」。
出典: フォートラベル

ただ…趣はあるものの、一見普通の銭湯ですよね? でもこちらの銭湯、建物正面が藤棚になっていて、毎年4月末から5月頭には目を見張るほどの美しさになるんです!
ライトアップされた夜の姿はより一層幻想的になるのでおすすめですよ♡
天井の高い浴室には、銭湯といえば! の富士の絵が。浅草にちなんで、雷門とスカイツリーもあしらわれています。個室のジャグジー風呂やジェットバスもある銭湯で、外観を楽しんだあとはゆっくりお湯に浸かってくつろいでくださいね。

曙湯

住所
東京都台東区浅草4-17-1
電話番号
03-3873-6750
営業時間
15時〜25時
定休日
第3金曜日
平均予算
大人(12才以上)460円、小学生(6才以上12歳未満)180円、乳幼児(6歳未満 )80円
最終更新日:2017.7.18
大きな地図で見る

リノベーションされた「日の出湯」。樹齢千年を超える古代ヒノキの浴槽で森林浴

東京メトロ銀座線の稲荷町駅を最寄りとする「日の出湯」。浅草寺など浅草の中心から少し距離はありますが、歩いて15分程度なのでお散歩がてらぶらぶら向かうのもおすすめです。
銭湯「日の出湯」の特徴は、古代ヒノキを使った浴槽を使用しているところ。古代ヒノキというのは、海抜2千メートル以上の深い山や谷の奥に生え、樹齢千数百年を越える巨大な樹木をいうのだそうです。古代ヒノキに含まれている精油分には、殺菌作用や血行促進作用があり、新陳代謝を促進して神経を休める森林浴作用があるとのこと。また、「日の出湯」では100円プラスすると高濃度の炭酸が溶け込んだ「炭酸シャワー」を浴びることができます。特に髪の健康に良いそう!
ところで、台東区には日の出湯が2つあります。表記もまったく同じなので、お間違いのないようにしてください。ここで紹介している浅草の日の出湯は、2000年にリノベートされ、現在の新しい銭湯に生まれ変わったもの。もう一方、三ノ輪にある日の出湯は伝統的な昔ながらの銭湯です。

日の出湯

住所
東京都台東区元浅草2-10-5
電話番号
03-3841-0969
営業時間
15:00~0:00(最終受付23:40)
最終更新日:2017.6.30
大きな地図で見る

米ぬか・ヒノキの粉を使った酵素浴で体質改善!?「浅草 えんや」

続いてご紹介するのは、つくばエクスプレス浅草駅より徒歩4分のところにある女性専用の酵素浴のお店、「えんや」。
植物から抽出した酵素を米ぬかやヒノキのおが粉にブレンドし、酵素熱の自然発酵を利用した乾式温浴法で、お湯には浸かりません。 自然発酵によって60~70度くらいの酵素熱が発生してさまざまな成分が体に吸収され、化学薬品の力を借りなくても自然の力で癒やされることができるといわれています。

効果は、デトックス、免疫力アップ、美肌・美白、ダイエット効果など女性に嬉しいものばかり♡
酵素浴は約15~20分3,200円・酵素浴ダブルは休憩を取りながら約40分の入浴で5,600円。その他にも、よもぎ蒸しやリンパマッサージなどのメニューが用意されています。自分へのご褒美にぴったりですね♪

浅草 えんや

住所
東京都台東区浅草1-11-4加藤ビル2F
電話番号
03-6231-6017
営業時間
10:30~最終入館19:00 日・祝は最終入館18:20まで
定休日
火曜日
最終更新日:2017.6.30
大きな地図で見る

「石の癒 浅草店」では、石のパワーで全身デトックス!

東京メトロ銀座線浅草駅より徒歩3分の場所にある「石の癒」では、聖石と呼ばれるヒーリングストーンによる岩盤浴を提供しています。珍しい石の力で心身を同時にデトックス&リラックス。美白やダイエットなどの効果が期待できるそうですよ。

利用料金は、岩盤浴一般120分3,100円。ヨガレッスンを組み合わせることもできて、その場合の聖石ヨガコースは朝ヨガ・夜ヨガそれぞれ4,900円です。

石の癒 浅草店

住所
東京都台東区雷門2-16-9 いちごパコダ浅草ビル9F
電話番号
03-3844-4114
営業時間
10:00~21:30  (受付終了19:20)
定休日
第3火曜日
最終更新日:2017.6.30
大きな地図で見る

実はスパ・温泉天国!? 浅草で疲れを癒しましょ

今回は浅草にある癒しのお風呂を紹介しました。浅草は実はスパや温泉が豊富な街です。浅草の温泉スポットや癒しスポットを巡って、どんどん癒やされちゃいましょう。日々の体や心の疲れを癒しに浅草の温泉に足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事