ちくわ。 おでかけ情報

西洋館に行くならココも行こ! 横浜・山手エリアのおすすめ美術館&博物館

横浜の山手エリアといえば、イギリス館やエリスマン邸、ベーリック・ホールなどの西洋館のイメージが強いと思いますが、実はこのエリアにはファッションや文学、そして猫(!)など様々なテーマの美術館、博物館が集まっているんです。西洋館巡りの時に合わせて訪れたい、そんな美術館や博物館をご紹介します!

公開日 2017年7月9日

カテゴリ
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
エリア
元町・中華街駅
ライター
ちくわ。編集部
西洋館に行くならココも行こ! 横浜・山手エリアのおすすめ美術館&博物館

【岩崎博物館】ヨーロッパ美術とファッションの歴史を感じる博物館

元町・中華街駅から徒歩5分の場所にある、レンガの西欧風な建物が目印の「岩崎博物館」。こちらは、ファッションとアートをテーマにした博物館です。
出典: フォートラベル

外国文化を吸収しながら繁栄してきた横浜らしい異国情緒溢れる雰囲気の外観は、写真に収めておきたいですね!
出典: フォートラベル

世界の服飾に関する歴史や変遷を知れるこちらの美術館。まだ写真が無かった時代に用いられていたファッション版画なども閲覧できます。
アールヌーヴォーの絵画やガラス工芸もたくさん展示されているので、ヨーロッパ美術が好きな方にはたまりませんね♪

ちょっとスペシャルな体験がしたい方におすすめなのは、3月~8月、9月~2月まで楽しめる「ドレス体験コーナー」。中世ヨーロッパのドレスや装飾品を身につけて、記念撮影ができます。
料金は大人2,000円から4,000円となっており、選ぶドレスによって料金が異なります。子供も1,000円~2,000円で体験できるので、お友達や親子で一緒に思い出作りしてみてください!

岩崎博物館

住所
神奈川県横浜市中区山手町254
電話番号
045-623-2111
営業時間
9:40〜18:00 入場は17:30まで
定休日
月曜日 祝日の場合は翌日
平均予算
大人300円、小・中学生100円
最終更新日:2017.7.3
大きな地図で見る

【大佛次郎記念館】猫好きな作家の歩みと横浜の歴史を振り返る

お次に紹介するのは、港の見える丘公園の中にある、アーチ型の屋根と赤レンガが特徴的な「大佛次郎記念館」。元町・中華街駅から徒歩8分です。

こちらは、横浜出身で横浜の街を舞台にした作品を発表し続けた作家・大佛次郎氏の人生を、原稿や大切に使用していた私物など様々な展示物から知ることができる記念館です。
出典: フォートラベル

小説家としてだけではなく、大の猫好きとしても知られていた大佛次郎氏は、猫をモチーフにした美術品を集めていました。2017年7月13日から11月12日までは、そんな愛蔵品を紹介する「大佛次郎と501匹の猫」というテーマ展示が開催されます。猫の置物やおもちゃ絵などが閲覧できるそうなので、猫好きの方は必見ですね♪
出典: フォートラベル

通常の展示では、大佛次郎氏の作品を振り返りながら横浜の街の歴史も学べるこちらのスポット。博物館のある「港が見える丘公園」には、季節のバラが咲いているので、博物館を楽しんだ後は公園を散歩しながらバラ鑑賞もおすすめです。

大佛次郎記念館

住所
神奈川県横浜市中区山手町113
電話番号
045-622-5002
営業時間
4~9月 10:00~17:30(入館は17時まで)、10~3月 10:00~17:00(入館は16時30分まで)
平均予算
大人200円、小・中学生以下無料 ※第2・第4土曜日、毎月23日は高校生以下無料
最終更新日:2017.7.18
大きな地図で見る

【神奈川県立近代文学館】読書家の方必見。文学の世界に浸りましょ

「神奈川県立近代文学館」は、元町・中華街駅から徒歩10分、先ほどご紹介した「大佛次郎記念館」の少し奥にある、日本の近代文学を専門に扱う近代文学会館です。
出典: フォートラベル

夏目漱石、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫などといった近代の文豪たちの神奈川ゆかりの文学が収蔵されているこちらのスポット。時期によっては特定の作家にフォーカスした特別展示を行っています。
出典: フォートラベル

読書が好きな方、特に日本文学に興味がある方は是非一度訪れてみては? 読書好きになってもらうように、子供と一緒に訪れるのもいいですね。

神奈川近代文学館

住所
神奈川県横浜市中区山手町110
電話番号
045-622-6666
営業時間
有料展示室 9:30~17:00 (入場は16:30まで) 無料閲覧室〈火~金〉9:30~18:30、〈土・日・祝〉9:30~17:00
定休日
月曜日(祝日は開館)
最終更新日:2017.7.3
大きな地図で見る

【ブリキのおもちゃ博物館】レトロでカワイイ! ノスタルジックな空間ごと楽しめる博物館

ノスタルジックな気分に浸るならここ!元町・中華街駅から徒歩5~6分、ブリキのおもちゃ博物館は子供時代を懐かしむ時間を過ごせる心温まる場所。レトロなおもちゃやアンティークのコレクターとして有名な北原照久さんのブリキのおもちゃコレクションが鑑賞できます。
出典: フォートラベル

3,000点を超えるたくさんのブリキのおもちゃを見ていると、子供時代におもちゃと一緒に過ごした楽しい時間にタイムスリップするような感覚を味わうかも!? おもちゃたちの表情がみんなコワかわいいのも特徴ですよね。
出典: フォートラベル

博物館は古い洋館を改装しているため、レトロなブリキのおもちゃと合わせてノスタルジックな雰囲気に包まれています。
入場料は大人1名200円、小中学生1名100円。博物館のアイドル犬のロビーくんにも会えるかもしれません♡
出典: フォートラベル

ブリキのおもちゃ博物館

住所
神奈川県横浜市中区山手町239
電話番号
045-621-8710
営業時間
9:30~18:00(土日祝は19:00まで)
定休日
無休
平均予算
大人200円、小・中学生100円
最終更新日:2017.4.17
大きな地図で見る

【ヨコハマ猫の美術館】猫好きにはたまらない、数々の猫アート!

石川町駅から徒歩10分、ベーリック・ホールとエリスマン邸の間の坂道を下った先の住宅街の中にある、「ヨコハマ 猫の美術館」。一般の方が自宅の一階を利用して運営している美術館で、土日祝日の午後だけ開館しています。
出典: フォートラベル

展示されているのは、ヨーロッパの猫をモチーフとした作品を中心としてオーナーが長年集めてきた猫にまつわる数々の美術品。猫好きにはたまらない作品が多く、日頃の疲れもストレスも癒されそうな可愛い猫アートを楽しめます♡
入場料は大人1名300円、小学生以下は150円。猫モチーフのグッズも販売されていて、修学旅行生も訪れる横浜の名物スポットです。

ヨコハマ猫の美術館

住所
神奈川県横浜市中区山手町76-1
電話番号
045-662-6821
営業時間
12:00~18:00
定休日
毎週 土・日と祝祭日のみ開館
平均予算
大人300円、小学生以下150円
最終更新日:2017.7.3
大きな地図で見る

横浜山手エリアの新たな魅力を感じに行きましょ

今回は西洋館と合わせて訪れてほしい、おすすめの美術館や博物館をご紹介しました。ファッション、文学、おもちゃ、猫など様々なテーマを持つ博物館がありましたね。外国の文化を吸収してきた横浜だからこそ、多種多様な芸術が集まったのかもしれません。お友達や子供と一緒に、横浜芸術巡りをしてみませんか?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事