ちくわ。 おでかけ情報

奥浅草で出会った、小鹿田焼と牛すじカレーの幸せな関係。

観光地の喧噪から離れた奥浅草エリアでひと際個性の光るお店として秘かに人気を集めているのが「民藝咖哩 うんすけ」だ。雑貨屋のような内装の小さな店内でこだわりの器に盛りつけられる煮込みカレー、そして程よく力の抜けた女性店主の小粋なセンスに多くの常連客が惹き付けられている。

公開日 2017年7月11日

カテゴリ
一人で
友達と一緒
グルメ
街を知る
エリア
浅草駅
ライター
good mornings
奥浅草で出会った、小鹿田焼と牛すじカレーの幸せな関係。
雷門や浅草寺、仲見世通りからホッピー通り、定番の観光スポットは平日の昼間からカメラをぶらさげた外国人でごった返し。そんな喧噪を離れ、花やしきよりも北側、言問通りを抜けた千束商店街まで足を運ぶと街の表情が一変する。“奥浅草”と呼ばれるそのエリアはノスタルジックという表現がぴったりだ。
昭和にタイムスリップしたかのような路地裏で異様に目立つ赤い立て看板を見つけたら、そこが「民藝咖哩 うんすけ」。カレーと民藝をテーマに組み合わせたユニークなカフェだ。

器好きが高じてお店を開く

「浅草に特別な思い入れとか、そういうのはまったくなかったんです」と拍子抜けに応える店主の嶋田智子さん。偶然条件に見合った物件が見つかったという理由だけで、この場所に店を構えたそう。それまでは北欧家具店IKEAのレストランで働いていたという嶋田さん。お店を開いたきっかけも独特だ。
「突然、器にハマりはじめてしまって。雑貨屋だけでは飽き足らず各地の窯元にまで足を運んでは自分好みのものを探してみたりと。だんだんと器を使ったお店をはじめてみたくなったんです」

互いに主張しあう小鹿田焼と牛すじカレー

ランチは看板メニューの「牛すじたっぷりうんすけカレー」¥1,000(単品800円)と日替わりの「一汁三菜定食」¥1,000のみ。玉ねぎと牛すじを延々と煮込んで作るカレーは、食べたとたんに深く優しい旨味が口いっぱいに広がる。夜はカレーの他にお酒のあてになる小皿料理などをお客さんのリクエストや嶋田さんのその日の気分にあわせて提供している。料理に使う器のほとんどは嶋田さんが惚れ込んだという大分県日田市に伝わる小鹿田焼(おんたやき)だ。
「デザインというよりは土のあたたかさ、同じものでもそれぞれ違う表情があることに魅力を感じるんですよ。素朴だけど力強い。そんな器に負けないように手間隙かけて作っているカレーをゆっくりと味わって欲しいですね」

人と人が出会う場所へ

店をオープンしてもうすぐ3年。嶋田さんの人柄に惹き付けられるように常連客も増え、最近では積極的にイベントなども開催している。缶詰めの食べ比べや日本酒の利き酒、お花見会など、内容は多種多様。この店で出会ったお客さん同士が勝手に企画を持ち込むなんてこともあるそうだ。「浅草は人と人とのつながりを本当に大切にする街なんですよね。お店をやっていくうちに、ここを家のように思ってくれるお客さんが増えてきて。お店が予想外の方向に育っていくのがすごく面白いんです」と嶋田さんは語る。


(文:上田太一)
(撮影:山﨑瑠惟)

うんすけ

住所
東京都台東区浅草4-17-3大石ビル1階
電話番号
03-6458-1040
営業時間
11:00-15:00、17:00-21:00(金・日は予約営業)
定休日
木曜日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2017.7.12
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。