ちくわ。 おでかけ情報

うつくし、ウマし!本所吾妻橋で体験するラーメンの新世界!

本所吾妻橋駅から徒歩40m!駅前交差点の1本裏の路地に入るとすぐに、まるでバルのような白い店構えに「KIPPOSHI」の看板。織田信長の幼名「吉法師」を店名にしたこのこだわりのラーメン店は、予想を超えた(?)おしゃれな雰囲気。でも、行けばわかる!予想を超えるのはそれだけじゃないってことが…。

公開日 2017年7月17日

カテゴリ
一人で
友達と一緒
グルメ
エリア
浅草駅
押上駅
本所吾妻橋駅
ライター
good mornings
うつくし、ウマし!本所吾妻橋で体験するラーメンの新世界!
2016年7月にオープンしたばかりのこのお店、すでに全国からラーメン好きが集まる有名店となっています。その理由は「青い拉麺 鶏清湯 青」。それはもう衝撃的!に青いスープです。味が想像できないまま食べ始めると、これが美味!しかも驚くほど澄んだ旨みとコクなのです。
「とにかく美しいラーメンを作りたくて…」と店主の小泉貴央さん。なるほど器の中は、麺、しっとり薄ピンクの鶏チャーシュー、彩の野菜、塩玉子が、まるでフレンチの一皿のように美しく盛り付けられています。

飲食業に20年、そのうち10年はラーメン作りに携わり、あらゆるジャンルの料理とその技法を学んできた小泉さんは「自分は料理人ですから、美味しいのは当たり前。開店にあたって、美味しさ+αで、ギャップの楽しさや新鮮味を仕掛けたかった」と「鶏清湯 青」誕生の理由を語ってくれました。
ちなみに、このお店には、味わいという意味での真の看板メニュー「鶏白湯 塩」もあります。濃厚なのにスッキリした味わいのスープ、中細ストレート多加水麺、豚チャーシュー、美しい彩りの野菜が楽しめて、こちらもおすすめ。
仕事帰りに一人でふらりと立ち寄る女性も多いというこのお店。その理由は、おしゃれ感だけではなさそう。店内はラーメン店特有の油脂っぽさが全くなく、テーブル周りもスッキリ必要最小限のものしか置かず、とにかくきれい。そして気が付けば、低く流れるBGMが心地よく耳に届くほど静かなのです。厨房内の大声の掛け合いや、食器・調理器具のガチャガチャ音もなく、手際よく短時間でスッと供される一杯。どうやら小泉さんのこだわりは味だけではないようです。
なお、お店の看板「KIPPOSHI」は小泉さんの自作のもの。DIYでこんなに綺麗に出来ちゃう!とは器用ですね。夜になるとこの白文字が幻想的に輝き始め、エントランス全体が素敵な雰囲気に。
青いラーメンを筆頭に、ここで食べられる各種メニューを楽しみに来店したお客さんは帰り際、口々に「『美味しかった』だけでなく『楽しかったぁ』と言ってくれるんですよ」。ラーメンにも、お店の空間の演出にも、様々に工夫をこらした結果の手応えは確かなようで、小泉さん自身だってとても楽しそう。
「拉麺 吉法師」には他にも季節限定メニューや、バレンタインデーやホワイトデーなどのサプライズメニューがあり、小泉さん自身がSNSで情報をアップしています。来店前にはぜひチェックしてみてください。
(文:牧野雅枝)
(撮影:大塚秀樹)

拉麺 吉法師(KIPPOSHI)

住所
東京都墨田区吾妻橋3-1-17吾妻橋ハイム 101
電話番号
03-6658-8802
営業時間
11:30-15:00 17:00-22:00
定休日
水曜
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.6.28
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。