ちくわ。 おでかけ情報

本当は教えたくない!? 安くておいしい浅草のお店

浅草といえば観光地のイメージが強いですよね。どの店で食べ・飲みするにせよ、そこは浅草、観光地価格であることは覚悟の上、というのがある意味デフォルト。でも実は庶民価格で大満足できるお店だってあるんです。そんなお得なお店、ご紹介します!

公開日 2017年8月15日

カテゴリ
友達と一緒
グルメ
エリア
浅草駅
ライター
good mornings
本当は教えたくない!? 安くておいしい浅草のお店

ワンコインでいただく名物料理の数々! / 浅草 ときわ食堂

雷門からほど近く。創業は大正11年、実に90年以上にもわたって浅草で多くの人々から愛され続けてきた老舗食堂。ひと皿ひと皿、大衆的な価格帯のわりにボリュームがあり、味も間違いないんです。
出典: 食べログ

「茄子味噌 ¥480」、「ぎっしり餃子 ¥420」、「肉生姜焼き ¥580」とメインのおかずはほぼワンコイン設定。特におすすめしたいのは、「とん皿 ¥750」です。豚肉をすき焼き風に調理したもので、溶き卵を絡めるのがときわ流。甘辛い割下で味付けられた豚肉・ニラ・タマネギ・春雨の調和は日本人が大好きな味、ぜひとも白飯と一緒に召し上がれ。
出典: 食べログ

数年前に店内を改装。壁の市松模様やディスプレイされた飾り羽子板など随所に浅草に相応しい和風の雰囲気を取り入れています。創業以来、平日は朝9時から、土日祝日は朝8時からの営業を続けているその姿に心意気を感じます。食材も毎日足立市場から仕入れているとのこと。「大衆食堂」と侮れないお店です。

浅草 ときわ食堂

住所
東京都台東区浅草1-3-3
電話番号
03-3847-8845
営業時間
[平日] 9:00〜22:30(L.O.22:00) [土・日・祝] 8:00〜22:30(L.O.22:00)
定休日
水曜日
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.6.28
大きな地図で見る

良心的な値段で本格スパイスインドカレーを / 夢屋

本格的なスパイスインドカレーが1,000円以内で食べられるカレー屋さんがこちら、浅草で30年以上もインドカリーを提供し続けている老舗の「夢屋」です。
出典: 食べログ

人気NO.1のメニューは「チキンカリー \900」。日本人の味覚に合わせてブレンドしたスパイスが香ります。クローブやカルダモンと一緒に炊き上げているというライスとの相性は抜群! まずは瓶ビールと一緒に、スパイスが香る「チキン香味焼 ¥490」なんて楽しみ方もおすすめです。
出典: 食べログ

外観は昔懐かしい喫茶店のような雰囲気で、気軽に入れます。席数は10席ちょっと。小ぢんまりとした居心地のよい空間です。

「夢屋」のカリーには、サラっとしたストレートの「カリー」と野菜とスパイスの旨さと辛さが特徴の「マサラ」の2系統あるので、何回も通って各種食べ比べする楽しさもありますよ〜。

夢屋

住所
東京都台東区浅草1-35-8
電話番号
03-3841-1681
営業時間
[月~金] 11:30~15:00 16:30~20:00(L.O) [土・日・祝] 11:30~20:00(L.O)
定休日
水曜日
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.6.28
大きな地図で見る

浅草六区の大衆食堂。劇場の後はここで決まりです / 水口食堂

創業60余年。浅草六区エリアを代表する、ザ・大衆食堂の「水口食堂」。
出典: 食べログ

とにかく安くて、旨い。メニューのなかで、一番人気が「いり豚 \580」。豚肉と野菜を甘辛い秘伝の洋風タレを使って炒めた一品で、ご飯もビールもすすむすすむ。「手作りコロッケ \380」や「ハンバーグ \750」など、他にも昭和の懐かしい味が目白押しです。さらには刺身や煮魚など魚料理なども充実しているという守備範囲の広さ。これぞ歴史に裏打ちされた安心感ですね。
出典: 食べログ

六区ブロードウエイが近いという立地もあって、浅草演芸ホールでお笑いや浅草ロック座でダンスを鑑賞した後にここ「水口食堂」に足を運ぶという常連さんも多いようです。店内に入ると、壁一杯に広がるメニューの木札に圧倒されます。劇場の楽しい余韻の延長線にあるかのような賑やかな食堂で、浅草の夜を堪能してみてはいかが?

浅草 水口食堂

住所
東京都台東区浅草2-4-9
電話番号
03-3844-2725
営業時間
[月・火・木・金] 10:00~21:30(L.O.21:00) [土・日] 9:00~21:30(L.O.21:00)
定休日
水曜日
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.6.28
大きな地図で見る

お手軽に、かつ美味しく。想像を超える逸品の数々!

観光地といえど、そこは下町浅草。お財布に優しいお店だってちゃんとあるのです。そんなスポットで過ごす時間、店内の雰囲気や活気の中に、定番の観光スポットばかりめぐっていては気づきにくい、下町としての浅草の魅力が浮かび上がってくるはずです。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事