ちくわ。 おでかけ情報

浅草の個性派スイーツたち

甘味系スポットにも事欠かない浅草のまち。ノーマルなものはひととおり食べたあなたでも触手を伸ばさずにはいられない、そんな個性派スイーツを楽しめるスポットも実はあります。色の鮮やかなもの、味のしっかり濃ゆいもの、さらには産地こだわりのものまで、バラエティに富んでいます。ここで紹介するお店にチャレンジするのもきっと楽しいはずです。

公開日 2017年9月28日

カテゴリ
デート
友達と一緒
グルメ
エリア
浅草駅
ライター
good mornings
浅草の個性派スイーツたち

あんこパンの食べ比べができちゃう / あんですMATOBA

人や車の往来が多い言問通りでもよく目立つレンガ色のビル。その1Fにある下町然とした雰囲気のパン屋さん「あんですMATOBA」。「あん」の字が大きいことから推して知るべし、その昔はあんこ屋さんだったのが、現在はこうしてパン屋さんとして展開しているお店なのです。
2017年5月に出た「みそ・ずんだ・塩小倉」のような「季節の3色パン」シリーズもあります。月や季節ごとに新作を開発/展開できるのはパン職人さんの情熱と真摯なサービス精神があってこそ。一度と言わず、何度も足を運ぶとまた新たな魅力があることでしょう。

あんですマトバ (あんですMATOBA)

住所
東京都台東区浅草3-3-2
電話番号
03-3876-2569
営業時間
8:00~18:30
定休日
日曜・祝日
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.6.29
大きな地図で見る

お水も氷も一切なし!100%のいちごジュース / 杜のいちご

出典: 食べログ

雷門柳小路沿いに出来たいちごスイーツ専門店。看板メニューは、お水も氷も一切使わない、純粋ないちごジュース。ナチュラルで鮮やかなその赤色には思わず心おどってしまいそう。とっておきの蔵王のイチゴだけを使っているのに1杯300円というコスパの良さもナイスです。
出典: 食べログ

宮城は蔵王産いちごが贅沢に使われた商品が並ぶ店内。ジュース以外にも、見た目にも美しい絶品スイーツも色々。甘酸っぱさとチョコの濃厚な甘さが絡み合ういちごショコラなどなど、しあわせないちごタイムがあなたを待っています。

杜のいちご

住所
東京都台東区浅草1-18-12
電話番号
03-5830-7015
営業時間
11:00~17:00
定休日
月曜日・火曜日
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.7.14
大きな地図で見る

抹茶スイーツのショーケース / 茶和々

出典: 食べログ
仲見世商店街から一つ中に入った通りで、抹茶色の旗がひと際目をひく甘味処です。まだオープンしたばかりですが、抹茶わらび餅を中心に多くのお客さんで連日賑わっています。一口サイズのわらび餅は、柔らかすぎず硬すぎず、まぶしてある抹茶の苦味がほどよく美味。
出典: 食べログ
わらび餅の他、1日30食限定の「お濃茶アイス」(500円)もいいですね。その深い緑色を一口食べると、お茶そのものを食べているような、程よく苦味を含んだ上質な味。

茶和々 浅草 (サワワ)

住所
東京都台東区浅草2丁目2-10
電話番号
03-6231-6044
営業時間
10:00~18:00
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.7.14
大きな地図で見る

まろやか〜な、とうふミルクのアイス / よ兵衛

出典: 食べログ

看板商品の揚げ餅、それにもちもち食感の串団子が焼けるいい匂いも、もちろん捨てがたいこのお店なのですが、ここであえて紹介したいのは「とうふミルクアイス」。決して派手ではないですが、ここはひとつ、豆の持つコクをじっくり味わってみるのはいかが。
出典: 食べログ
とはいえ、メイン商品の揚げ餅はやはり鉄板。一番人気は醤油味でビールのつまみには醤油唐辛子味。他にもカレー味や海老塩味などなど、チョイスは色々ですので、アイスを食べた後のお土産にも良いのでは。

よ兵衛 本店

住所
東京都台東区浅草2-2-7
電話番号
03-3841-0868
営業時間
9:00~18:00
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.7.14
大きな地図で見る

浅草で味わう、初めての味覚たち。

ここで紹介したものを一通り制覇したあなたなら、浅草でスイーツっていうとあんみつとか、そんな感じ?と安易にイメージしているお友達を見つけ次第、上記のめずらし系スイーツのことを伝えずにはいられなくなるのでしょう。もうあなたは立派な浅草マニアといえます。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事