ちくわ。 おでかけ情報

“能”は本を読むように楽しむ! 神田生まれの能楽師・木原康之に聞く能の世界

“世界最古の舞台演劇”と言われる「能」は、古の日本人が楽しんだエンターテインメント。ちょっぴり敷居が高そうだけれど、実際はどんなものなの?小川町に稽古場を構える観世流シテ方の能楽師・木原康之さんに、能の世界のいろいろを教えてもらいました。

公開日 2017年10月22日

カテゴリ
街を知る
エリア
小川町駅
ライター
good mornings
“能”は本を読むように楽しむ! 神田生まれの能楽師・木原康之に聞く能の世界
歌舞伎や落語と同じように、日本ならではの伝統芸能としていま、国内外から注目を集めている“能”。2017年4月に開業したばかりの商業施設「GINZA SIX」内に能を公演する観世能楽堂が設けられたり、東京スカイツリーの開業5周年を記念するイベントに能が起用されたり。能の世界に触れるなら、いまが絶好のチャンスかも。ということで今回は、神田生まれ・神田育ちの能楽師・木原康之さんに会いに行くことに。
稽古場に入ると、松の絵が描かれた背景に、艶やかな檜の板が張られた能舞台が出現。テレビや本では見たことがあったけれど、本物を間近に見ると細部まで洗練されていて上品で、神々しいオーラすら感じる……。静かに興奮していると、袴姿の木原さんが笑顔で迎えてくれた。

「能の舞台は究極にシンプルです。背景はどんな演目でも老松の絵で、観客席と舞台を仕切る緞帳(どんちょう)も幕も、照明効果もありません。これはもともと能楽堂が野外にあったことに由来しています。また舞台装置や美術もなく、家や船といった大道具は、竹の枠を組んだだけの“作り物”と呼ばれるもので表現。それは家のような形をしてはいるものの、どのような家かは、見る側の想像力が大切なんです。」と木原さん。

そう。能を観るために一番必要とされるのは、イマジネーションの力。
ただ観るだけでなく、舞台上に用意された最低限の情報から登場人物の感情や場面の移り変わりを読み取って、ストーリーを楽しむ。一般的に“能=ハードルが高い”と言われるゆえんでもあるけれど、情報量たっぷりのエンタメに慣れた現代の人々にとって、能を観ることは五感を研ぎ澄ませるためのいい刺激になりそうだ。
「能のことを“約束事の上に成り立つ様式美”と言った人がいて、面白いなと思って。舞台美術もそうですが、演者の動きにもたくさんの約束事があります。たとえば演者が着けている『面(おもて)』は無表情に見えますが、顔を上に向けると笑み、逆に伏せると泣き顔のような表情に見えるんです。『型』と呼ばれる所作や、台詞や歌にあたる『謡(うたい)』など、それぞれの意味をある程度知っておくと能をもっと楽しめると思います。若い人にもぜひ観ていただきたいです」。シンプルがゆえに奥が深い。演目は約200〜230ほどあると言われているが、歴史モノから人情モノや活劇モノと幅広いので、ストーリーも多種多様で面白いのだとか。初めて観るなら人気の『羽衣』や、蜘蛛の糸の演出が華やかな『土蜘蛛』がおすすめだそう。
木原さんの流派・観世流は、能を大成させた人物として歴史に名を残す、観阿弥と世阿弥親子の末裔にあたる流派。小川町で生まれ育った木原さんは、2歳の時に初舞台を踏んだ。
「物心ついた時から能の世界にいましたね。いまは仕事として冷静に取り組んでいる反面、なんとか父親や師匠を超えてやろうという気持ちと、在るものを守らなくてはいけないというプレッシャーがあります。後に続く人たちに、良いものを継承したいですからね」。
能の世界で面白いのは、一般の人もお稽古事として能を習うことができること。木原さんも何人かの生徒さんを持っていて、舞台出演のかたわら自らお稽古をつけているそうだ。舞台を観てやってみたいと思ったら、入門してみるのもアリかもしれない。
「神田は人情味がある街ですよね。あと下町なので、各家の門扉がないのが特徴的な風景だなと思います。民家が密集していて敷地が狭いからでしょうね。交通の便が良いのはいいところですが、オフィスビルが多くなって子供が少なくなったのが少しさみしいです。ただおいしい店は多いですよ。厚切りロースが最高なとんかつ屋『ポンチ軒』や、蕎麦なら『神田まつや』さんが好きです。神保町の『さぼうる』は生イチゴジュースがおいしい。ナポリタンなら『さぼうる2』ね」。
気さくな木原さんのおかげで、今までよりもずっと近くに感じた能の世界。五感を鍛える古の舞台演劇の世界を、のぞいてみては。
(文:井上麻子)
(撮影:丸山智衣)

<能を習ってみよう!>
小川町の稽古場では、能を習うこともできますよ。まずはお電話で木原さんあてにお問い合わせを!

木原康謡会
木原 康之(きはら やすゆき)さん
お問い合わせ 03-3255-1031

木原康謡会

住所
東京都千代田区神田小川町1-6-3
電話番号
03-3255-1031
最終更新日:2017.10.19
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。